×

サイト内検索

About us

大学案内 /法人情報

 大学案内

教職員採用情報

教員採用情報

現在、公開中の情報はありません。

職員採用情報

現在、公開中の情報はありません。

公立大学法人岐阜県立看護大学教員の採用方針

本学は、人々に質の高い看護サービスを提供するため、看護学の立場から責任を持って問題解決に取り組める人材を育成している。

学士課程では看護学領域の専門を教授するとともに、県立の高等教育機関としては研究活動に基づく理論的な裏付けを持って創造的な解決策を提言し、改革の原動力となる人材の育成と供給を行っている。

また、大学院研究科では個人の尊厳と人権の尊重を基盤に据えた利用者中心のケアのあり方を追求し、広い視野から看護実践の改革を積極的に推進できる創造的・先駆的指導者層を育成している。

このため、教員の採用にあたっては、教育理念に基づき看護専門職を育成するとともに、看護実践にかかる研究を推進できる教員の確保と、学部の運営と併せて、大学院の円滑な運営ができる教員体制の確保を目指す。

また、適正な配置ができるよう、年齢、職位、専門分野に留意しながら計画的な採用に努めるとともに、教員の昇任については、客観的な昇任基準に基づき厳格な運用を図るものとする。

岐阜県立看護大学が求める教員像

本学の目的

岐阜県立看護大学は、看護に関する学術の中心として専門的知識及び技術の教授研究を行うとともに、豊かな人間性をかん養することにより、看護専門職として創造的に看護を実践し向上させていくことに責任を持つ人材を育成し、地域社会における人々の健康と福祉の向上及び看護学の発展に寄与することを目的とする。

本学の使命

本学は、岐阜県民の多様な保健・医療・福祉ニーズに対応するために、看護サービスの質の向上に寄与することを使命とする。そのため、看護学の立場から責任を持って問題解決に取り組める人材の育成を目指し、県立の看護学の高等教育機関として、研究活動に基づく理論的な裏付けを持って創造的な解決策を提言し、改革の原動力となる人材の育成と供給を行い、看護職の生涯学習支援の拠点としての機能を果たす。
看護学部看護学科では、看護学の専門の基礎を教授し、看護実践の中で必要となるヒューマンケアの基本と技術を身につけ、看護の対象が遭遇した困難や諸問題の解決について、深い責任を感じ、常に創造的に問題解決行動がとれる人材を育成する。大学院看護学研究科では、個人の尊厳と人権の尊重を基盤に据えた利用者中心のケアのあり方を追求し、広い視野から看護実践の改革を積極的に推進できる創造的・先駆的指導者層を育成する。また、県内の看護職者との共同研究などの地域貢献活動を通して、現場での諸問題に対して解決策を提案し、実践の改善・改革に組織的に取り組むことができる人材を育成する。

求める人材像

以下の①~⑤は、いずれも本学の目的・使命を理解していることを前提とする。

①個人の尊厳と基本的人権を尊重し、自らの責任において教育研究活動を推進することができるとともに、教育研究活動の方
 法の開発に取り組むことができる人材。
②学生の自主性・主体性を尊重して、学修や生活を支援することができる人材。
③実践現場との共同・協働を通じて、看護実践研究に積極的に取り組み、看護の改善・改革に貢献することができる人材。
④国際的な視野をもちながら、地域に焦点を当てた研究活動及び地域貢献活動を展開することができる人材。
⑤自らの役割を常に自覚しながら、他の教職員と協働して大学運営に参画することができる人材。