このページを印刷する

大学が行う会員への研究支援

岐阜県立看護大学が行う研究支援
~研究支援を受ける看護職の皆様へ~

 岐阜県立看護大学の教員は、看護実践の質向上に寄与するため、看護実践研究学会の会員の研究活動に対して助言・相談等の支援を行い、会員の研究活動を推進します。

1. 研究支援の対象となる要件

研究支援の対象となる研究には、下記の要件が求められます。

  1. ①看護実践研究学会の会員が主体的に取り組む研究であり、所属機関等での協力・支援等が得られること。
  2. ②看護実践の改善・改革に寄与する研究であること。
  3. ③面接やメールによる数回程度の助言・相談で支援可能な研究であること。
  4. ④研究代表者は、看護実践研究学会の会員であり、岐阜県内で就業している看護職であること。但し、本学卒業者・修了者は県外就業者も申請が可。
  5. ⑤研究代表者は、研究支援を受ける期間中、複数の研究課題の研究代表者として支援を申請することはできない(共同研究者としての支援申請は可)。

2.研究支援の申請方法

 岐阜県立看護大学のホームページから、研究支援申請様式をダウンロードし(こちらへ)、看護実践研究学会事務局(岐阜県立看護大学 看護研究センター)へ郵送してください。

3.支援適用の決定

 研究支援申請の受理後、面談担当教員の調整を行い、教員から申請者に連絡をします(約1か月後)。教員が面談し内容・意図などを十分把握した上で、支援適用の可否を決定します。

4.研究支援の方法

  1. ・研究支援は2人以上の教員が担当します。
  2. ・会員が主体的に研究をすすめることを原則とし、教員は、研究計画や進捗状況に応じて、面接やメールによる数回程度の助言・相談等を行います。(支援期間は1年間)
  3. ・テレビ会議システムの活用が可能です。支援担当教員にご相談ください。

5.研究に関わる経費

  1. ・研究支援のために、支援を受ける方の来学を求めることとなります。この経費を含めて研究に要する費用は支援申請者の負担となります。
  2. ・大学の教員が現地などに出向く場合には大学の経費の範囲内で行い、謝金など請求することは、一切ありません。

6.看護実践研究学会学術集会での報告

  1. ・研究支援を受けた研究は、研究結果・成果を看護実践研究学会学術集会で報告してください。
  2. ・看護実践研究学会学術集会の演題発表に関する詳細は、看護実践研究学会事務局(岐阜県立看護大学 看護研究センター)へお問い合わせください。

看護実践研究学会学術集会スケジュール
5月下旬:演題応募期限、6月下旬:演題抄録の提出期限、9月第1土曜日:看護実践研究学会学術集会の開催

7.自己点検評価

 研究支援は、大学の看護実践研究指導事業の取り組みのひとつであり、組織的な活動として運営しているため、教員の他の活動と同様に自己点検評価が求められます。研究支援を受けた場合は、支援の成果についての評価をお願いします。支援期間終了後に点検評価用紙を送付致しますので、ご記入の上ご返送ください。


2019.5 岐阜県立看護大学

PAGE TOP