このページを印刷する

今年度の事業一覧

今年度の事業一覧

 本事業は、県内看護職の生涯学習を促進することを目的とした研修事業です。県内看護職が大学の知的資源を利用して、自己学習や業務改善ができるようにするために、看護の実践研究指導・研修として取り組んでいます。単に公開講座や研修を行うのではなく、現場看護職自身が現場の見直しを図り、各自の業務改善に直結することを重視しているため、まず大学教員が実践現場に出向き、県内看護職の看護活動の現状や実践上の課題を把握した上で、現場の実態に即した研修・指導方法をとっているのが特徴です。
 各事業へのお問い合わせはメールアドレスをご利用ください。



利用者ニーズを基盤とした入退院支援の質向上に向けた看護職者への教育支援(平成24年度開始)

目的

「入退院支援教育プログラム(2020年度)」を策定・施行し、利用者ニーズを基盤とした入退院支援の質向上に向けた看護職者への教育支援を推進し人材育成の方策を追究する。

令和2年度の取り組み

岐阜県健康福祉部医療整備課と協働で「入退院支援教育プログラム(2020年度)」を施行し、参加者の学び等により成果・課題を明確にし、プログラム内容を改善する。
1)ベーシック研修  2)アドバンス研修  3)エキスパートミーティング


看護の専門性を高めるマネジメント能力向上に向けた支援(平成27年度開始)

目的

医療機関と地域のケアを担当する看護職を対象とし、地域での生活に目を向け、地域の実情に即して利用者中心のケアの実践を目指す看護のマネジメント能力向上を目指しワークショップを開催する。

令和2年度の取り組み

今年度は、さらに地域での生活に目を向け、地域の実情に即して利用者中心のケアの実践を目指す看護のマネジメント能力向上に向けたプログラムとする。そのため、医療機関と地域のケアを担当する看護職を対象とし、それぞれの場における看護活動の相互理解を深めることから始め、地域の実情に応じた活動の場を超えた看護の課題の共有、課題解決に向けたディスカッション中心としたワークショップとする。


専門看護師の看護実践の質向上を目指す研修会(平成28年度開始)

目的

岐阜県内の専門看護師の交流を深め、それぞれの専門分野での看護の質向上に向けた取り組みについて、お互いの活動から学び、実践活動の改善を目標とする。

令和2年度の取り組み

今年度は、令和元年度から開始した分野を超えた研修会を実施し、岐阜県内で活動する専門看護師の看護実践能力の向上を図る。


養護教諭のスキルアップと養護教諭像の醸成を目指した学びの会(平成28年度開始)

目的

卒後1~6年目となる養護教諭が、職務における悩みや葛藤を話し合い、またベテラン養護教諭の助言・講義を受けることで、自分自身の課題と今後の目標を見つけ、より広い視野で養護教諭の在り方を検討する機会とする。それにより、養護教諭としてのスキルアップに向けた意欲を養う。また将来的には、自主的な勉強会等へと発展することを目指す。

令和2年度の取り組み

昨年度募集した職務に関する悩みや葛藤・今後学びたいことをもとに学びの会を開催する。

学びの会は、経験年数による学びの場と、経験年数が混在する学びの場を意図的に提供し、実践的な学びの場とする。
またミドルリーダー養成の場とする。


地域の実態に即した子育て支援の充実に向けた保健師の役割を考える研修会(令和元年度開始)

目的

子育てをめぐる課題に対応するための子育て支援の充実に向けて、行政保健師が自らの役割や行政サービスとしてのあり方を考え、今後の活動の方向性を明確にできるようになることを目指す。

令和2年度の取り組み

今年度は、昨年度に明らかになった子育て支援における保健師実践活動上の現状と課題を保健師と共有し、課題に対して、行政サービスとして行うべき支援は何か、果たすべき役割はどのようなものかを複数の保健師で検討する。

西濃圏域の11市町村、岐阜県子育て支援課および西濃保健所の保健師を対象に集合研修を1回実施する。


看護実践研究学会への研究支援(令和元年度開始)

目的

 看護実践研究学会会員への研究支援を通して、県内の看護実践の改善及び看護サービスの質の向上を図ると共に、当学会の活動を支援することで看護実践研究の推進・発展に寄与する。

令和2年度の取り組み

 本学教員による看護実践研究学会会員への研究支援について、その運営・管理に取り組む。また、看護実践研究学会の活動について必要な支援を行う。

PAGE TOP