お知らせ&イベント

飛騨市長による特別講義を開催しました

5月21日(金)、岐阜県飛騨市の都竹市長を招聘して特別講義を開催し、本学1年次生と教職員が参加しました。
飛騨市は岐阜県の最北部にある市で、標高1,000メートル以上の山々に囲まれた自然豊かな地域です。近年は市内の各所がアニメーション映画の舞台として登場し話題になりました。

特別講義では、市長さんが岐阜県職員時代に取り組んだ施策や市長になってからの政策について、ご自身の現場主義の体験を交えながら具体的にお話しいただきました。
医療と福祉の間にはこれまで連携が乏しく、医療から障がいを持つ人を支援する施策が必要との思いに気づいたことの責任感が根本となり、さまざまな人との対話を通じて地域全体で障がいを持つ人を支える仕組みづくりに情熱を傾け、数々の施策の立ち上げに結び付いたことが紹介されました。
最後に、看護職をめざす学生に対し、「患者さんの暮らしと人生をイメージできる看護職になってください」との激励のお言葉をいただきました。


1年次生にとって、今後の学修に対する意識の高まりを感じられる貴重な機会となりました。

画像1.jpg

画像2.jpg



投稿日:2021.05.25

PAGE TOP