このページを印刷する

研究支援の流れと申込み方法

岐阜県看護実践研究交流会会員への研究支援


 岐阜県看護実践研究交流会会員が行う研究活動を推進するため、会員の研究実施について、申請に基づき、本学教員が助言・相談・指導等の支援を行います。

1.支援する研究


 本学教員が支援する研究は、①会員が主体的に取り組む研究であり、上司・同僚の協力・支援が得られること、②看護実践の改善に直結する研究であること、③面接やメールによる数回程度の助言・相談で支援可能な研究であることを条件とします。
 研究代表者は、研究支援を受けている期間中、複数の研究課題の研究代表者として支援を申請することはできません(共同研究者としての支援申請は可)。

2.支援への適用の決定


 支援の申し込みを受けた後、学内で、その研究内容に対応する教員の調整を行い、1カ月後ぐらいに対応する教員から申請者に連絡をします。その教員と面談した上で、内容・意図などを十分把握し、支援の適用の可否を決定します。

3.研究支援の方法

◾研究支援は、教員個人の限界や助言の偏りを考慮し、2人以上の教員で行います。
◾期間は1年間とします。
◾会員が主体的に研究をすすめることを原則とし、教員は、研究計画や進捗状況に応じて、面接やメールによる数回程度の助言・相談等を行います。また、テレビ会議システムの活用も可能ですので、支援担当教員にご相談ください。


4.研究に関わる経費


 研究支援のために、来学を求めることとなります。この経費を含めて、研究に要する費用は申請された会員の負担となります。また、大学の教員が現地などに出向く場合には大学の経費の範囲内で行い、謝金など請求することは、一切ありません。

5.岐阜県看護実践研究交流集会での報告


 研究支援を受ける方は、研究経過や研究結果(成果)について、交流集会で報告してください。原則として1回以上の報告が求められます。1回目の報告が中間報告の場合は、翌年度に研究結果(成果)を報告してください。
 交流集会での報告に伴い、抄録及び報告書の作成が求められます。抄録及び報告書原稿の執筆要項は、別途、定めてあります。
 交流集会では、参加者同士が活発に意見交換します。交流集会での意見・助言を活かして、報告書の充実、学会等での報告、研究活動の充実・発展につなげてください。なお、支援を受けた研究について、学会発表や学会誌等への投稿を行う場合は、その状況を把握したいので、事前に支援担当教員へご連絡・ご相談ください。
 交流集会での報告や報告書作成にかかわる支援は、支援期間終了後も行いますので、適宜、支援担当教員へ相談してください。

6.自己点検評価


 研究支援は、大学の組織的な活動として運営していますので、教員の他の活動と同様に自己点検評価が求められます。そのため、この事業の対象となった方々には、支援の成果について評価をお願いすることとなります。具体的には、支援期間終了後に送付する点検評価用紙へのご記入・ご返送をお願いします。

申し込み方法


研究支援の流れ


研究支援申込用紙

PAGE TOP