このページを印刷する

発表演題(第1回~第5回)

第1回
(平成15年度)
第2回
(平成16年度)
第3回
(平成17年度)
第4回
(平成18年度)
第5回
(平成19年度)

第1回 看護実践研究交流集会 平成15年10月11日(土)

1. 研究発表と討論


No. 演題 発表者 施設名
1 褥瘡発生リスクアセスメントの検討  ―ブレーデンスケールを用いて― 藤村 裕子 岐北厚生病院
2 保護室入室の防止のために精神科看護師が果たすべき役割  ―再隔離に至った患者の記録分析を通して― 村岡 大志 社団法人 岐阜病院
3 自閉症(自閉傾向)のある子どもを育てる家族への支援について  ―地区担当保健師と発達相談センター保健師の協働のありかたについて― 相崎 さとみ 岐阜市発達相談センターあおぞら
4 口腔ケアの定着に関する研究  ―口腔ケアに対する看護師の実態調査― 金子 貢代 県立下呂温泉病院
5 脳卒中患者のセルフケアを考える  ―FIMを利用し見える看護に取り組む― 武藤 英理 県立岐阜病院
6 高齢者の創造的活動の評価 奥田 啓子 山県市役所 長寿福祉課
7 退院計画における医療相談員と病棟看護師の有効な連携の検討(第1報) 東松 ゆみ JA岐阜厚生連 中濃病院
8 点滴ルートの自己抜去を防ぐ看護を考える<中間報告> 牧村 香 羽島市民病院
9 退院後の育児に問題がみられた事例に対する周産期看護の対応の見直し 西田 美穂 高山赤十字病院

第2回 看護実践研究交流集会 平成16年8月7日(土)

1.体験談報告「岐阜県立看護大学に学ぶ」

岐阜県立看護大学大学院生 小松 博子(岐阜市民病院)、中川 千草(羽島市民病院)

2.研究発表と討論


No. 演題 発表者 施設名
1 精神障害者の在宅支援について ―ネットワークづくりを考える― 河合 美知恵 大垣市役所
2 高校生の生活実態に応じた保健指導を考える
―インターネットを利用した保健指導を試みて―
宗石 麻美 県立各務原東高等学校
3 当院における退院調整の評価  ―患者家族側からの評価(満足・適正度)― 増井 法子 県立岐阜病院
4 当院における退院調整の現状分析 川井 恵理子 県立下呂温泉病院
5 長期入所者の在宅復帰を妨げるもの 宮川 靖子 老人保健施設 山びこの郷
6 体圧測定器を用いたモビライザー上での効果的な体圧分散用具の検討 横田 暁美 羽島市民病院
7 一般病棟でのターミナルケアに関わる看護職のストレス調査 小松 博子 岐阜市民病院
8 脳卒中患者のセルフケアを考える ―FIMを利用し見える看護に取り組む―Part2 古山 美樹 県立岐阜病院
9 内科病棟における手指衛生 ―ウエルパス使用量からみる実施状況とその効果― 山下 由起子 県立下呂温泉病院
10 個別性ある排尿介助を検討する ―排尿パターンチェック表を用いて― 田中 久美子 高山赤十字病院
11 精神病院入院中の患者の呼称について ―アンケート調査による患者と看護者の「様」呼称の捉え方― 臼田 成之 慈恵中央病院
12 点滴ルートの自己抜去を防ぐ看護を考える 小島 三紀 羽島市民病院
13 内服薬自己管理に関する実態調査 田上 由美子 羽島市民病院
14 チーム医療における病棟看護師の役割 中神 舞子 羽島市民病院
15 口腔ケアの定着に関する研究 金子 貢代 県立下呂温泉病院
16 過疎地域における地域ケア 高橋 眞知子 久瀬村診療所

第3回 看護実践研究交流集会 平成15年10月11日(土)

1. 特別講演「看護職のメンタルヘルスを考える」

講師 黒田クリニック 黒田弘彦 医師

2. 体験談報告「岐阜県立看護大学に学ぶ」

大学院生 安藤 正枝(のぞみの丘ホスピタル)
科目等履修生 武藤 英理(県立岐阜病院)

3. シンポジウム「研究による看護実践現場の変化」~昨年度 発表者からの報告~

内服薬自己管理判定基準への取り組み・・・大村 学(羽島市民病院)
口腔ケアの取り組み状況・・・金子 貢代(県立下呂温泉病院)
長期入所者の在宅復帰を妨げるもの・・・宮川 靖子(老健施設 山びこの郷)

4. 研究発表と討論


No. 演題 発表者 施設名
1 高血圧予防教室における今後の課題 臼井 万祐子 安八町保健センター
2 在宅ケアに向けての家族側成立条件に焦点をあてて 宮地 めぐみ 岐阜市民病院
3 低出生体重児との交流をはぐくむディベロップメンタルケア 堀 仁美 岐阜市民病院
4 排泄援助に関する看護師の意識調査 中嶋 利枝 中濃厚生病院
5 チーム医療における病棟看護師の役割の明確化に向けての検討(第2報) ~インターフェロン療法を受けた患者の関わりを通して~ 鷲見 しのぶ 羽島市民病院
6 保護室入退室を繰り返す患者に対する衝動コントロール改善へ向けての取り組み 成瀬 孝明 社団法人 岐阜病院
7 小学校における食育に関わる健康教育 大城戸 香織 羽島市立小熊小学校
8 G病院の看護職員の職務満足度 橋本 波枝 県立衛生専門学校
9 超・極低出生体重児の頭部褥創発生要因の検討 ~ブレーデンスケールの視点による考察~ 安藤 嘉奈子 県立岐阜病院
10 長時間の血圧測定において起こる皮膚障害の予防 後藤 秀臣 県立岐阜病院
11 標準予防対策遵守状況の実態調査 山下 由起子 県立下呂温泉病院
12 心不全患者の離床を妨げる要因 長屋 幸子 県立岐阜病院
13 トランスムーバ上での徐圧方法に対する意識調査 渡辺 実加 羽島市民病院
14 患者の意思を尊重するための看護支援についての検討 ~一事例の関わりを振り返る~ 吉岡 奈美 羽島市民病院
15 当院におけるインシュリン自己注射指導の一考察 河合 則子 中濃厚生病院
16 一般病院における結核患者発生時の対応マニュアルの作成 野田 洋子 大垣市民病院
17 小児科の点滴・採血用抑制用具の考案 鈴木 貴恵 揖斐総合病院
18 胃瘻 造設患者家族の心理 鷲見 百合子 岐北厚生病院

第4回 看護実践研究交流集会 平成18年9月30日(土)

1. 岐阜県立看護大学 修士論文報告

「ケースカンファレンスがOJTとして人材育成に果たす意味」
  発表者 平成17年度博士前期課程(修士)修了生 橋本麻由里

2. 体験談報告「岐阜県立看護大学に学ぶ」

大学院生 博士前期課程3年生 鈴木歌子(大垣市立南中学校)
科目等履修生 小島明日美(長良医療センター)

3. 研究発表と討論


No. 演題 発表者 施設名
1 患者の意思を尊重するための看護支援についての検討 吉岡 奈美 羽島市民病院
2 高齢者排泄援助に関する看護職の意識調査 亀山 清美 中濃病院
3 看護師の捉え方で変化した患者・看護師関係  ―自己中心的でわがままと捉えていた軽度認知症のあるA氏との関りを通して― 上田 薫 長良医療センター
4 筋ジストロフィー患者の自分らしい生活へのアプローチ  ―やりたい事が見つからない患者への関りを通して― 纐纈 絵美子 長良医療センター
5 与薬業務フローの分析に基づいた事故予防策  ―処方の違いから分析したエラー防止のポイント― 安西 登美子 岐北厚生病院
6 回復期リハビリテーション病棟における転倒転落の現状と今後の課題 ―脳血管疾患患者の分析を行って― 五十嵐 由美子 村上記念病院
7 パーキンソン病患者の転倒リスクの因子と対策の明確化 上利 徹次 社団法人 岐阜病院
8 抗ガン剤被曝に対する認識調査  ―看護師の行動変化への取り組み― 石原 裕美 岐阜市民病院
9 転倒転落防止対策の検討 山田 沙代子 羽島市民病院
10 老人保健施設長期入所者の在宅復帰が可能になった例 宮川 靖子 山びこの郷
11 インフルエンザ脳症で人工呼吸器を装着した児への援助を通してキーパーソンとなる母親の心理的変化を捉える 服部 美奈子 岐阜市民病院
12 精神疾患を持つ母親とその家族の支援について 種村 真衣 岐阜市中市民健康センター
13 脳血管障害患者と家族の生活の再構築に向けての課題と看護 岩島 まどか 県立多治見病院
14 新生児センターにおける在宅支援のシステム化  ―事例を通して在宅アセスメントシートの作成― 武田 福美 県立岐阜病院
15 養護教諭の専門性を生かす保健学習 高橋 和子 本巣市養護教諭部会
16 多胎育児支援 ―多胎育児アンケート結果より― 服部 寛子 羽島市保健センター
17 医療的ケアを必要とする重複障害児の学校生活を支える教職員の協働 山田 洋梨子 揖斐川町立春日小学校
18 脳性麻痺児の不適応行動への対応 坂井 節子 県立希望が丘学園

第5回 看護実践研究交流集会 平成19年9月29日(土)

1. 研究発表と討論・懇談会


No. 演題 発表者 施設名
1 当病棟における鼻マスク装着患者の皮膚障害の実態調査 宮崎 敬子 長良医療センター
2 日帰りカテーテル検査を受けた患者の思い 
 ~患者への面接調査から得た事~
小川 京子 長良医療センター
3 小腸間接瘻より形成された小腸ストーマの管理の一考察 黒岩 あゆみ 岐阜県総合医療センター
4 看護者が共感に至る過程の考察  ―3つの「わかる」をもちいて― 桐山 啓一郎  羽島市民病院
5 当科における低出生体重児のディベロップメンタルケアの考察 中永 徳子 岐阜市民病院
6 未熟児新生児室における看護師による母乳育児支援の考察 藤吉 名都子 岐阜市民病院
7 小児における点滴の固定法 松橋 美幸 長良医療センター
8 早産児の頭部褥瘡発生要因の検討後の現状考察 蒲 恵 岐阜県総合医療センター
9 インフォームドコンセントにおける看護師の役割認識についての検討 森 洋子 木澤記念病院
10 患者の意思を尊重するための看護支援についての検討 宇佐美 千穂 羽島市民病院
11 患者の思いにそった術前オリエンテーションの意義 石崎 恵 揖斐厚生病院
12 よりよい看護のための情報活用と情報活用の意義 田中 敬子  中津川市民病院
13 筋萎縮側索硬化症(ALS)患者の疼痛緩和  ―背部痛を訴える患者の関わりをとおして― 小関 陽得子 長良医療センター
14 看護師の死生観と要因分析 小野 京子 岐阜市民病院
15 健康づくり推進員の活動に対する意欲向上と健康づくり活動を促す援助 長谷川 知美  八百津町地域包括支援センター
16 苦痛や不安、恐怖を感じている認知症高齢者が安心してその人らしく生活を送るための援助について 野村 恵里  羽島市民病院

2. 修士論文からの発表と討論


No. 演題 発表者 施設名
1 地域健康危機における住民ニーズへの保健師の支援 篠田 征子 財団法人岐阜県健康長寿財団
2 難病患者の療養環境づくりにおける保健所保健師の支援 安田 照美 岐阜保健所本巣・山県センター
3 地域ネットワーク形成における保健師の支援 林 恩 揖斐川町揖斐川保健センター
4 精神科病院の看護の質を上げるスタッフ育成方法の開発 安藤 正枝 のぞみの丘ホスピタル
5 看護の変革・質の向上をめざした看護実践上の課題とその取り組み 河原畑 尚美 長良医療センター
6 療養者が求める退院支援看護 野村 小夜子 羽島市民病院
7 緩和ケアチームを組織に根付かす試み 小松 博子 岐阜市民病院
8 一般病院における終末期ケア体制整備への取り組み 中川 千草 羽島市民病院
9 軽度発達障害児およびその家族に対する養護教諭の支援 鈴木 歌子 大垣市立南中学校
10 低出生体重児の母乳育児の支援プログラムの開発 栗山 和美 宮崎産婦人科

PAGE TOP