このページを印刷する

交流会の概要

logo.gif

 本学では、実践に従事する看護職が、主体的に自らの業務を研究によって改革する力を高めることと、その体験を共有・交流することで、看護業務の改革と看護サービスの質の向上を図ることを目的とした会の発足を提案し、県内看護職の有志の方々による世話人会が本学の研究交流促進委員会の教員と共に検討を重ね、平成15年に「岐阜県看護実践研究交流会」が発足いたしました。

 この会は、岐阜県下の看護実践研究活動を行なう意志のある看護職(養護教諭を含む)の個人加入とするものです。本学教員は、会員の主体的な研究活動の推進を支援します。ぜひ皆様もご参加ください。


岐阜県看護実践研究交流会とは?

目的



 看護実践に従事する看護職が主体的に自らの看護実践の改善・研究に取り組む力を高めることと、その体験を共有・交流することで、看護の改善と看護サービスの質の向上を図る。

事業



本会の目的を達成するための事業
1) 看護実践研究交流集会の開催
2) 看護実践研究活動の奨励
3) 岐阜県立看護大学の協力支援を得て、研究活動を促進する

会則



岐阜県看護実践研究交流会会則

ガイドブック


岐阜県看護実践研究交流会ガイドブック


会員の所属施設数および職種別会員数


 (平成29年3月末現在)

施設の種類 施設数 職種別会員数
看護師 保健師 助産師 養護
教諭
病院 21 61 3 3 67
診療所
助産所
訪問看護ステーション 2 3 3
高齢者ケア施設
社会福祉施設 1 5 5
保健所・市町村 4 6 6
事業所
看護師等学校・養成所又は研究機関 3 3 3 6
保育所等
学校 1 1 1
県庁各部門 3 3 1 4
その他 4 3 1 4
39 75 15 4 2 96

PAGE TOP