このページを印刷する

岐看祭

岐看祭(大学祭)


岐阜県立看護大学の大学祭「岐看祭」は、学生主体で企画・運営されます。

毎年秋に開催しており、開催実績はこれまで22回を数えるまでになりました。

(2021年11月現在)


第22回 岐看祭を開催しました


第22回岐看祭を令和3年10月16日に、緊急事態宣言の解除および新型コロナウイルス感染症対策の点から、参加者を学内者に限定して開催しました。


当日の様子

第22回 岐看祭テーマ「繋ぐ」

伝統を絶やさぬように受け継ぎ、次の世代につないでいきたい、人と人とのつながりを感じて欲しいとの願いを込め、新型コロナウイルス感染症対策に留意しながら、自治会執行部・同窓会協働の「謎解きゲーム」、FLAP(車いすバスケットボランティア)の活動紹介、軽音サークルのステージ発表等を企画しました。


 【構内入口】


昨年同様、受付では学生担当者が来場者の体温チェックなど健康観察をしました。


 【フォトスポット】