このページを印刷する

卒業者および修了者と在学生との交流会

卒業者および修了者と在学生との交流会

11月22日に、「卒業者および修了者と在学生との交流会」を開催しました。

開催日時:令和5年11月22日(水)13:00~15:30
プログラム: 第1部:シンポジウム 13:00~14:20
テーマ「職場の現状と働くことを通して捉えた看護」

  • 卒業者シンポジスト
看護師  梅本 隆行 様  
看護師  柿田 楓佳 様 
保健師  山口 佑奈 様  
助産師  上葛 瑞歩 様  
養護教諭 北川 紗菜 様  

  • 修了者シンポジスト
看護師  後藤 遥 様 

第2部:職種別交流会 14:30~15:30
テーマ「就職に向けての準備、職場選択、大学での学修、国家試験対策等について」

参加者からの感想


<第1部に参加して>

・どの方も共通して、悩んだり困ったりした時は大学時代の友人に相談するとおっしゃっていたことから、今一緒に看護を学んでいる友人を大切にしていきたいと強く思った。

・保健師になりたいと考えているので、保健師として活動している方がどんな経験をしたのか、そこでどんなことを学んだのかを聞けて、自分の将来を考える良い時間となった。また、看護師、養護教諭の方の話も自分の将来の選択肢のひとつとして考える良い時間だった。最近の現場の様子とかがイメージしやすくて良かった。

・それぞれの職種で「働く」というイメージを持つことができました。また、看護学生として学ぶことの意義とその期間で得られる財産について、経験した方からのお話だからこそ、説得力があると感じました。今の大学生活を大切にして、今後の自分のためにも力をつけていきたいです。

<第2部に参加して>

・自分の今後のことについて漠然とした不安があったのですが、実際に働いた方のお話を聞いて自分の進路を考えるいい機会になりました。

・保健師として働くこと、どのようにして公務員対策や国試対策をしたのか等の話を伺い、自分の将来を考える機会になったと感じている。

・国家試験のことや職場の選択、就職についての準備について話を聞けて、実際にどうしようか迷っていたけれど話を聞くことができて良かった。参考にしていきたい。


20181121-kouryukai.jpg
過去の交流会の様子

PAGE TOP