このページを印刷する

写真で見る学習の様子

写真で見る学習の様子

1年次生~2年次生

 1年次の初めから看護学の楽しさを実感してもらうために、看護職の活動の現状を見学し、専門科目を学びます。2年次には方法論を学び、看護学の基礎の学習を確実にします。これと併行して、看護学に関連の深い保健学、福祉学、生活学、人体・治療学の「専門関連科目」と、21世紀社会に生きる市民として基盤となる知識と技術(リテラシー)の修得を目指す「教養基礎科目」を主として学習します。

主な科目

[専門科目]

地域基礎看護学概論、地域基礎看護方法、機能看護学概論、機能看護方法、育成期看護学概論、育成期看護方法、成熟期看護学概論、成熟期看護方法

学内演習(寝巻きの交換)
学内演習(寝巻きの交換)
学内演習(赤ちゃんの身体測定)
学内演習(赤ちゃんの身体測定)
学内演習(救急処置の方法)
学内演習(救急処置の方法)
学内演習(注射の準備)
学内演習(注射の準備)

[専門関連科目]

保健学概論、治療学概論、社会福祉学概論、現代家族論など

[教養基礎科目]

生涯体育実技(市民スポーツ教室)、英語、日本語表現、情報処理演習など

生涯体育実技(市民スポーツ教室)での市民との交流
生涯体育実技(市民スポーツ教室)での市民との交流

3年次生

 3年次では、病院、市町村保健センター、訪問看護ステーション、老人保健施設など県内の各種施設の協力を得て看護活動を実地に体験し、看護実践に必要な基礎的能力を高めます。後半では、自らのすすむ道に必要な教養選択科目、養護教諭一種免許取得に必要な科目、助産師国家試験受験に必要な科目を学びます。

ここに注目!

 子どもから大人までさまざまな健康レベルにある人を受け持ち、相手の立場にたち、家族も対象として看護活動を行います。本学教員や実習施設の指導者の指導のもとに、看護実践を行い、今まで学んできたことと看護の体験を結びつけます。

主な科目

[専門科目]

地域基礎看護学実習、育成期看護学実習、成熟期看護学実習

安八町保健センターでの実習
安八町保健センターでの実習
下呂市内での実習
下呂市内での実習
領域別実習の様子
領域別実習の様子
大学案内ビデオにて
動画でご覧になれます)

(実習施設)

岐阜県総合医療センター、県立多治見病院、羽島市民病院、のぞみの丘ホスピタル、羽島市保健センター、岐阜保健所、羽島市医師会訪問看護ステーション、寺田ガーデン、県立寿楽苑等県内の保健医療福祉施設、羽島市立小中学校などの学校、さらにKYB株式会社など事業所

詳しくはこちら

[教養選択科目]

地域社会の理解・・・・・都市と生活、街道と生活など
世界の理解・・・・・・・・・人間生活と芸術、地球環境論、科学史など
体験型プログラム・・・ボランタリーワークセミナー、森林文化体験セミナー、異文化体験セミナー

人間生活と芸術I(総合芸術)でのビデオ撮影の様子
人間生活と芸術I(総合芸術)でのビデオ撮影の様子
人間生活と芸術I(総合芸術)での動画編集の様子
人間生活と芸術I(総合芸術)での動画編集の様子

4年次生

 4年次では、地域基礎看護学、機能看護学、育成期看護学、成熟期看護学のうち1領域を選択して看護実践を自立的に行い、研究活動に取り組みます。これが卒業研究です。また、卒業研究と併行して統合科目にも取り組みます。
教養選択科目は、3つの科目群(人間の理解、地域社会の理解、世界の理解)の中から自分の考えで学習目標をもって選択して履修します。

主な科目

[卒業研究]

 自らの看護実践を発展させ、看護学の学習の総仕上げとして、以下の領域を選択して、研究的に取り組みます。

  • 地域基礎看護学卒業研究・・・市町村保健センター、訪問看護ステーションや、病院・診療所等において、生活の営みの中で人々の健康を支える看護実践を通して学ぶ。
  • 機能看護学卒業研究・・・市町村保健センターや病院等において、「一人ひとりがよい看護をする、組織でよい看護をする、生涯にわたり成長し続ける人材となる」ことを、看護実践を通して学ぶ。
  • 育成期看護学卒業研究・・・病院や乳児院、肢体不自由児施設、学校等で、次世代を育てる人と次世代を担う人への看護実践を深める。
  • 成熟期看護学卒業研究・・・一般病院や高齢者ケア施設、事業所等において、健康課題をもつ成熟期にある人とその家族に対しての看護実践を深める。
卒業研究での実習
卒業研究での実習

[卒業研究での実習]

 過疎地の中核病院で、遠方から通院している人から健康生活の様子を教えていただき、看護の役割を考えます。

卒業研究発表の様子
卒業研究発表の様子

[統合科目]

看護学統合演習・・・・・看護実践能力にかかわる学修到達状況を確認し、卒業時までに強化すべき課題を明確にして、学修を深める。

[教養選択科目]

人間の理解・・・・・・・・・人間の歴史、認識と表現、文学と人間など
地域社会の理解・・・・・日本の歴史と文化、日本の思想と社会、経営と人間など

世界の理解・・・・・・・・・世界の文化と言葉(中国・韓国・スペイン)、現代国際関係論、現代社会と哲学、アジア文化論など

PAGE TOP