このページを印刷する

履修方法

学年とセメスター・授業時間・単位

1. 学年

 本学においては、4月1日に始まり翌年3月31日に終わる1年間を、学年(Academic year)と定め、この学年内において毎年の教育プログラムが編成され実行されます。
 学生は、学年進行年数に応じて、1年次生、2年次生、・・・等と呼ばれます。

2. セメスター

 学年はさらに、セメスターと呼ばれる二つの期間に分けられます。多くの授業はこのセメスターを単位として開講されます。4月1日に始まり9月30日に終わる期間を前期セメスター、10月1日に始まり翌年3月31日に終わる期間を後期セメスターと呼びます。学年進行に応じて、前期セメスターを第1セメスター、第3セメスター、第5セメスター、第7セメスター、同様に後期セメスターを第2セメスター、第4セメスター、第6セメスター、第8セメスターと奇数または偶数の順序数で呼びます。

3. 授業時間

 授業時間は、原則として、9時00分から17時50分までとし、具体的には、下に示す通りとします。1時限90分を2時間の授業内容と換算します。

時限 授業時間
1時限 09:00 ~ 10:30
2時限 10:40 ~ 12:10
3時限 13:00 ~ 14:30
4時限 14:40 ~ 16:10
5時限 16:20 ~ 17:50

4. 単位

 授業科目の単位計算方法は、1単位の授業科目を45時間の学習を必要とする内容をもって構成することとし、授業の方法に応じ、次の時間数となります。
 講義および実習については、15時間から30時間までの授業をもって1単位、実験、実習および実技については30時間から45時間までの授業をもって1単位とします。
 単位の授業時間数が15時間の場合は30時間、30時間の場合は15時間を自己学習の時間と考え、1単位45時間の学習とします。これは、学生各自が授業の準備、復習を行うための時間です。

成績評価・単位認定

 成績の評価は、科目毎に次のように評価されます。

判定 合格 不合格
評価 評語 A B C D
評点 100〜80点 79〜70点 69〜60点 60点未満

[単位認定]

  1. ・授業科目を履修し、その試験に合格した者には、所定の単位が与えられます。
  2. ・授業科目は、必修科目、選択科目、自由科目に分けられます。
  3. ・必修科目は、必ず履修すべき科目です。
  4. ・選択科目は、一定の範囲の科目群の中から選択して履修すべき科目です。
  5. ・自由科目は、自由に選択して履修する科目です。

PAGE TOP