このページを印刷する

機能看護学

機能看護学概論

授業科目機能看護学概論責任
教員
両羽 美穂子
橋本 麻由里
時間数30開講
セメスター
1
単位数1科目
区分
必修科目
履修
目的と目標 機能看護学では、人として、看護専門職として生涯にわたり自己の能力を開発・発展させ、看護の発展および、その社会化に貢献できる能力を身につけることを目的とする。 機能看護学の主な構成要素は、マネジメント、人材育成、情報管理である。
 本授業では、医療・保健・福祉機関の組織概要と理念を基に、看護におけるマネジメントの目的、意義について学習する。看護専門職としてヒューマンケアができるようにセルフマネジメント、また看護サービス利用者と援助的な人間関係を構築する方法を学習する。
 マネジメント能力の出発点として、学生が文献や体験から、見聞きし、読み、感じ、考えたことを自分の言葉や文章で表現することから学ぶ。その学びにおいて、自ら問いをもち、マネジメントとは何か、ヒューマンケアとはどうあるべきかを探求し、看護ケアにおいてマネジメント理論が展開できるようになることが目標である。

機能看護方法1(看護情報とマネジメント)

授業科目機能看護方法1
(看護情報とマネジメント)
責任
教員
橋本 麻由里
両羽 美穂子
時間数30開講
セメスター
3
単位数1科目
区分
必修科目
履修
目的と目標 情報は、看護において重要な要素であり、その活用は、看護の質に大きく影響する。また、看護は人間とその生活に直接関わるので、人々が持っている個人情報の意味を理解し、看護活動を行う際には対象に与える影響を十分に考慮して情報を扱う必要がある。そこで、情報を専門職として責任をもって、吟味・活用する態度と姿勢の育成を目指す。
 本科目では、まず、情報とは何かを明らかにし、何がなぜ看護の情報なのか、そして、情報を活用し看護ケアをマネジメントしていく時に考えなくてはならないこととその方法について学修する。

機能看護方法2(キャリアマネジメント)

授業科目機能看護方法2
(キャリアマネジメント)
責任
教員
橋本 麻由里
両羽 美穂子
時間数30開講
セメスター
4
単位数1科目
区分
必修科目
履修
目的と目標 看護専門職とは何か、また看護専門職としての成長・発展過程を理解し、我が国における看護専門職の育成について大学教育へと発展した歴史的経緯とその目的、学士課程教育カリキュラム内容および特徴を学修する。
 また、看護生涯学習のあり方およびその方法について、保健医療福祉機関等での現任教育、実践研究活動・実践マネジメントの構築過程を理解する。
 看護専門職として、看護の専門性を発展させていく重要性および自己研鑽することの意義を理解し、生涯学習を目指した社会資源の活用を学び、自身の将来設計を考える。

機能看護方法3(組織とマネジメント)

授業科目機能看護方法3
(組織とマネジメント)
責任
教員
両羽 美穂子時間数30開講
セメスター
6
単位数1科目
区分
必修科目
履修
目的と目標 本科目では、よい看護を行うために発展し続ける組織・チーム・個人の視点で、組織とマネジメントを理解することを目的とする。具体的には、①優れた組織の条件、すなわち理念・価値・目標の共有のもと一貫性のある看護実践を行い、変化・改革を起こすことのできる組織とは何か、②組織におけるリスクマネジメントとその意義、③組織・チームに対する看護専門職としての個人の貢献のあり方について学習する。また、保健・医療・福祉・介護の組織と看護専門職としてのリーダーシップ・メンバーシップについての理解を深める。 そして、既修のセルフマネジメント、看護情報、キャリアマネジメントの学修を活かして組織とマネジメントについての理解を深める。

機能看護方法4(包括的マネジメント)

授業科目機能看護方法4
(包括的マネジメント)
責任
教員
橋本 麻由里時間数23開講
セメスター
8
単位数1科目
区分
自由科目
履修
不可
目的と目標 看護専門職は、対象のその人らしい生活を実現することを支え、対象の自己決定権を尊重し、全人的なケアを行う責任を担っている。これは、対象の生き方や人生そのものに深く関わっていくことであり、今必要な看護のみでなく、保健医療福祉分野をつなぎ、他職種と連携・協働して地域での生活を保障していくことが求められる。保健医療福祉連携において、看護専門職は、利用者中心にケアが提供できるように、包括的な責任を担い、最善の意思決定をする必要があり、これを包括的なマネジメントと捉える。
 本授業では、幅広い見地から最善の意思決定をし、その実行と責任(説明・結果)を果たすために、包括的マネジメントを理解し、看護専門職として自ら担うべき役割を考えることを目標とする。
 1年次から3年次に学んだマネジメントの統合をはかり、卒業時には看護専門職として広い視野で考え、保健医療福祉連携において主体的に実践するために基盤となる能力を育成する。

機能看護学演習(看護情報演習)

授業科目機能看護学演習
(看護情報演習)
責任
教員
両羽 美穂子時間数30開講
セメスター
4
単位数1科目
区分
必修科目
履修
不可
目的と目標 情報は、看護において重要な要素であり、その活用は看護の質に大きく影響する。また、看護は人間とその生活に直接関わるので、人々が持っている個人情報の意味を理解し、看護活動を行う際には対象に与える影響を十分に考慮して情報を扱う必要がある。
 本科目では、保健・医療・福祉領域における情報と看護の関わりを理解し、看護専門職としてよい看護を目指し、意図的に情報を活用して看護ケアをマネジメントする能力を育成する。機能看護方法1(看護情報とマネジメント)での学修内容を基礎に演習を行う。

PAGE TOP