このページを印刷する

地域基礎看護学

地域基礎看護学概論A

授業科目地域基礎看護学概論A責任
教員
藤澤 まこと
黒江 ゆり子
時間数30開講
セメスター
1
単位数1科目
区分
必修科目
履修
目的と目標 人間の健康生活やケアについて概説しながら、これらの生活を支える看護としての発展的経緯と看護職の役割、およびこれからの課題について教授する。
 家庭や地域を基盤に実施してきた看護活動、医療機関など施設内で行ってきた看護活動を含めて、人々の健康生活を支える看護職の役割機能と基盤となる考え方について総体的な理解ができるようにする。概論Aでは、主として看護の歴史的発展と基盤となる考え方について学ぶ。このなかでは看護職の専門性追求の経過とこれからの課題について紹介し、学生の主体的な学修の契機とする。なお、2回分の授業は看護実践現場で学修する。
 その後、この体験を活用し、施設内外の看護活動に共通した看護の専門性を確認する学習の機会を作る。

地域基礎看護学概論B

授業科目地域基礎看護学概論B責任
教員
北山 三津子時間数30開講
セメスター
1
単位数1科目
区分
必修科目
履修
目的と目標 人間の健康生活やケアについて概説しながら、これらの健康生活を支える看護としての発展的経緯と看護職の役割、およびこれからの課題について教授する。家庭や地域を基盤に実施してきた看護活動、医療機関など施設で行なってきた看護活動を含めて、人々の健康生活を支える看護職の役割機能と基盤となる考え方について総体的な理解ができるようにする。
 概論Bでは、地域における看護活動の実績から抽出した看護の基盤を成す考え方を理解することを通じて、地域を基盤として展開する看護の特質を学ぶ。また、看護の特質を追究するための基礎的能力を養う。
  1. 1.看護の基本的な考え方を理解する。
  2. 2.看護活動方法の原則を理解する。
  3. 3.ヘルスケアシステムのなかで機能する看護の役割を理解する。
  4. また、学外演習は、看護実践現場で学習した後、この体験を活用し看護の専門性を確認する。

地域基礎看護学概論C

授業科目地域基礎看護学概論C責任
教員
石川 かおり時間数30開講
セメスター
1
単位数1科目
区分
必修科目
履修
目的と目標 人間の健康生活やケアについて概説しながら、これらの健康生活を支える看護としての発展的経緯と看護職の役割、およびこれからの課題について教授する。
 家庭や地域を基盤に実施してきた看護活動、医療機関など施設で行ってきた看護活動を含めて、人々の健康生活を支える看護職の役割機能と基盤となる考え方について総体的な理解ができるようにする。
 概論Cでは人間の精神活動を身体・心理・発達・社会との関連を踏まえながら重層的に捉える視点、生活の中での精神保健上の諸問題と精神の健康を支援する看護アプローチについて学習する。
 また、学外演習では、看護実践現場での学習した後、その体験を活用し、施設内外の看護活動に共通した看護の専門性を確認する学習の場を設ける。

地域基礎看護方法1(看護過程の展開方法)

授業科目地域基礎看護方法1
(看護過程の展開方法)
責任
教員
藤澤 まこと
黒江 ゆり子
時間数30開講
セメスター
2
単位数1科目
区分
必修科目
履修
目的と目標 看護を実施するときの基本的な考え方として看護アセスメントから計画立案・実施・評価の一連の過程について解説する。看護活動の対象は幅広いことから、看護援助ニーズの判断については多様な条件を持つ事例を用いて解説し、家庭や地域を基盤に展開する看護の理解を促す。

地域基礎看護方法2(日常生活を支える基本技術1)

授業科目地域基礎看護方法2
(日常生活を支える基本技術1)
責任
教員
藤澤 まこと時間数30開講
セメスター
2
単位数1科目
区分
必修科目
履修
不可
目的と目標 家庭での日常生活を基本に、日常生活を支える看護の基本技術を学ぶ。生活援助の中でも、環境整備・排泄にかかわる援助技術について、学内での演習により学習する。また基本的なフィジカルアセスメントを理解する。

地域基礎看護方法3(日常生活を支える基本技術2)

授業科目地域基礎看護方法3
(日常生活を支える基本技術2)
責任
教員
藤澤 まこと時間数30開講
セメスター
2
単位数1科目
区分
必修科目
履修
不可
目的と目標 家庭での日常生活を基本に、日常生活を支える看護の基本技術を学ぶ。生活援助の中でも、休息・運動・清潔・食にかかわる援助技術について、学内での演習により学習する。

地域基礎看護方法4(治療に伴う援助技術1)

授業科目地域基礎看護方法4
(治療に伴う援助技術1)
責任
教員
藤澤 まこと時間数30開講
セメスター
3
単位数1科目
区分
必修科目
履修
不可
目的と目標 治療に伴う援助技術の基本を学ぶ。医療施設における場合、在宅の場合を含めて学習する。
感染予防技術を活用して、皮下注射・筋肉内注射・静脈注射、静脈血採血の技術を学ぶ。
医療安全に関して、与薬ミス防止、針刺し事故防止、医療廃棄物の取り扱いなどを理解する。

地域基礎看護方法5(治療に伴う援助技術2)

授業科目地域基礎看護方法5
(治療に伴う援助技術2)
責任
教員
藤澤 まこと時間数30開講
セメスター
3
単位数1科目
区分
必修科目
履修
不可
目的と目標 治療に伴う援助技術の基本を学ぶ。医療施設における場合、在宅の場合を含めて学習する。
感染予防技術を活用して、気管内吸引、一時的導尿の技術を学ぶ。
経管栄養法の目的、適用を理解したうえで鼻腔経管栄養法の技術を学ぶ。

地域基礎看護方法6(訪問看護の方法)

授業科目地域基礎看護方法6
(訪問看護の方法)
責任
教員
森 仁実時間数30開講
セメスター
3
単位数1科目
区分
必修科目
履修
目的と目標 
  1. 1.在宅療養者とその家族を対象として展開する看護活動の方法を理解する。
    1. 1)在宅療養者および家族のセルフケア機能を高める援助の方法を学ぶ。
    2. 2)生活の営みに即した療養支援の方法を学ぶ。
    3. 3)社会資源の活用を支援する方法を学ぶ。
  2. 2.在宅ケアの中で機能する訪問看護のあり方を考える。
    1. 1)訪問看護の根拠となる制度を理解する。
    2. 2)在宅ケアの充実を図るために看護職が担うべき役割について考える。

地域基礎看護方法7(地域を基盤として展開する看護援助の基本)

授業科目地域基礎看護方法7
(地域を基盤として展開する看護援助の基本)
責任
教員
北山 三津子時間数30開講
セメスター
2
単位数1科目
区分
必修科目
履修
目的と目標地域を基盤として展開する看護援助の基本を理解する。
  1. 1.対象との信頼関係形成の重要性を理解し、信頼関係形成の方法を学ぶ。
  2. 2.生活と健康との関連に関する理解を深め、生活を営む人を理解する方法を学ぶ。
  3. 3.生活の営みに即した援助の方法を学ぶ。
  4. 4.生活共同体全体をとらえた看護の必要性を理解する。
  5. 5.地区活動の目的と方法の基本的考え方を理解する。

地域基礎看護方法8(地区活動の展開方法)

授業科目地域基礎看護方法8
(地区活動の展開方法)
責任
教員
松下 光子
北山 三津子
時間数30開講
セメスター
3
単位数1科目
区分
必修科目
履修
目的と目標地域を基盤として展開する看護活動の方法を理解する。
  1. 1.地区活動の展開に必要な技術について学ぶ。
  2. 2.ヘルスケアチームづくり・地域ケア体制づくりの基本的考え方と方法について学ぶ。
  3. 3.行政機関における看護活動について学ぶ。

地域基礎看護方法9(地域保健福祉対策の中で機能する看護)

授業科目地域基礎看護方法9
(地域保健福祉対策の中で機能する看護)
責任
教員
北山 三津子時間数60開講
セメスター
4
単位数2科目
区分
必修科目
履修
不可
目的と目標 わが国の保健医療福祉介護制度と看護活動の歴史的変遷をふまえて、保健福祉サービスシステムのサブシステムとして機能する看護職の役割について理解する。
・わが国の地域保健福祉に関わる政策・制度を理解する。
・各施策の目的達成に有効となるその地域固有の事業の展開方法や資源提供活動の実際を学ぶ。
・多様な住民のヘルスニーズに対して、既存の保健福祉制度を適用させていく看護活動について学ぶ。
・既存の制度の適用にとどまらず、これを発展させ、新たな制度を作り上げていく看護の役割・機能について学ぶ。

地域基礎看護方法10(精神面の健康を支える看護)

授業科目地域基礎看護方法10
(精神面の健康を支える看護)
責任
教員
石川 かおり時間数30開講
セメスター
2
単位数1科目
区分
必修科目
履修
目的と目標<目的>
 精神的健康問題をもつ人たちを支援する看護を実践するために必要な基礎的知識や技術を身につける。
<目標>
  1. 1.援助関係の構築および効果的なコミュニケーションの方法について理解する。
  2. 2.精神的健康問題に関連する身体・精神心理・社会文化的な諸要因とアセスメント方法について理解する。
  3. 3.精神科看護における治療的なアプローチと治療的環境の形成について理解する。
  4. 4.精神的健康問題を抱える人々と家族の生活を支える資源・制度とケア方法について理解する。
  5. 5.岐阜県における精神保健福祉看護の動向と課題について理解し、看護職者の役割を認識する。

地域基礎看護方法11(精神面の健康問題をもつ人への看護)

授業科目地域基礎看護方法11
(精神面の健康問題をもつ人への看護)
責任
教員
石川 かおり時間数30開講
セメスター
3
単位数1科目
区分
必修科目
履修
目的と目標 精神面の健康問題をもつ個人およびその家族を支える看護を実践するために必要な知識や技術を身につける。
  1. 1.主たる精神疾患の病態、診断、回復過程、治療の特徴について理解する。
  2. 2.回復過程にそって、対象者の力を生かした看護過程の展開方法を理解する。
  3. 3.根拠・知識に基づいたアセスメント及びケアプラン立案の方法を理解する。

地域基礎看護学実習1(実践と理論の統合1)

授業科目地域基礎看護学実習1
(実践と理論の統合1)
責任
教員
森 仁実
北山 三津子
時間数45開講
セメスター
5・6
単位数1科目
区分
必修科目
履修
不可
目的と目標 地域基礎看護学実習2の前に、学内での学修を振り返り、生活の営みの中で人々の健康生活を支えるための看護のあり方と看護活動について各自が現場で実地に検証してくるための課題を整理し、実習の準備を整える。

地域基礎看護学実習2

授業科目地域基礎看護学実習2
(看護実践)
責任
教員
森 仁実
北山 三津子
時間数225開講
セメスター
5・6
単位数5科目
区分
必修科目
履修
不可
目的と目標 学内での学修を基に、生活の営みの中で人々の健康生活を支えるための看護活動を実地に体験し、看護実践に必要な基礎的能力を培うとともに、社会における看護の特質を考える。

目標:

  1. 1.生活者としての対象の健康状態を総合的に理解することができる。
  2. 2.健康状態の把握において、対象者の立場に立って生活を捉えることの重要性を理解することができる。
  3. 3.看護援助においては、個人・家族・地域集団の持つ問題解決能力を高め、支援することの重要性を理解することができる。
  4. 4.保健・医療・福祉などの専門職および地域の人々との協働活動の重要性を理解することができる。
  5. 5.社会における看護の特質を考え、今後の看護活動の課題を検討することができる。
  6.                     
  7. 6.社会における看護の特質を考えることができる                     
  8. 7.看護学を学ぶ学生としての責任、求められる判断と行動を理解し、倫理に適った看護実践ができる。

地域基礎看護学実習3(実践と理論の統合2)

授業科目地域基礎看護学実習3
(実践と理論の統合2)
責任
教員
森 仁実
北山 三津子
時間数45開講
セメスター
5・6
単位数1科目
区分
必修科目
履修
不可
目的と目標 地域基礎看護学実習2の後に、各自が体験した看護についてディスカッションすることを通して、生活の営みの中で人々の健康生活を支える看護のあり方と看護活動、それらの活動の基盤をつくる看護学についての理解を深めるとともに、看護職の社会的使命について考える機会とする。

PAGE TOP