このページを印刷する

大学が行う会員への研究支援

大学が行う会員への研究支援

 岐阜県看護実践研究交流会会員が行う研究活動を推進するため、会員の研究実施について、申請に基づき、本学教員が助言・相談・指導等の支援を行います。

1.支援する研究

 本学教員が支援する研究は、①会員が主体的に取り組む研究であり、上司・同僚の協力・支援が得られること、②看護実践の改善に直結する研究であること、③面接やメールによる数回程度の助言・相談で支援可能な研究であることを条件とします。
 研究代表者は、研究支援を受けている期間中、複数の研究課題の研究代表者として支援を申請することはできません(共同研究者としての支援申請は可)。

2.支援への適用の決定

 支援の申し込みを受けた後、学内で、その研究内容に対応する教員の調整を行い、1カ月後ぐらいに対応する教員から申請者に連絡をします。その教員と面談した上で、内容・意図などを十分把握し、支援の適用の可否を決定します。

3.研究支援の方法

  • 研究支援は、教員個人の限界や助言の偏りを考慮し、2人以上の教員で行います。
  • 期間は1年間とします。
  • 会員が主体的に研究をすすめることを原則とし、教員は、研究計画や進捗状況に応じて、面接やメールによる数回程度の助言・相談等を行います。また、テレビ会議システムの活用も可能ですので、支援担当教員にご相談ください。

4.研究に関わる経費

 研究支援のために、来学を求めることとなります。この経費を含めて、研究に要する費用は申請された会員の負担となります。また、大学の教員が現地などに出向く場合には大学の経費の範囲内で行い、謝金など請求することは、一切ありません。

5.岐阜県看護実践研究交流集会での報告

 研究支援を受ける方は、研究経過や研究結果(成果)について、交流集会で報告してください。原則として1回以上の報告が求められます。1回目の報告が中間報告の場合は、翌年度に研究結果(成果)を報告してください。
 交流集会での報告に伴い、抄録及び報告書の作成が求められます。抄録及び報告書原稿の執筆要項は、別途、定めてあります。
 交流集会では、参加者同士が活発に意見交換します。交流集会での意見・助言を活かして、報告書の充実、学会等での報告、研究活動の充実・発展につなげてください。なお、支援を受けた研究について、学会発表や学会誌等への投稿を行う場合は、その状況を把握したいので、事前に支援担当教員へご連絡・ご相談ください。
 交流集会での報告や報告書作成にかかわる支援は、支援期間終了後も行いますので、適宜、支援担当教員へ相談してください。

6.自己点検評価

 研究支援は、大学の組織的な活動として運営していますので、教員の他の活動と同様に自己点検評価が求められます。そのため、この事業の対象となった方々には、支援の成果について評価をお願いすることとなります。具体的には、支援期間終了後に送付する点検評価用紙へのご記入・ご返送をお願いします。


直近3年間に研究支援した課題

平成28年度支援課題

研究課題 申込者 担当教員(所属等) 支援適用期間
思春期患者の周術期におけるインフォームド・アセントの重要性について考える 病院
看護師1名
山本(育成期看護学)
澤田(育成期看護学)


平成28年4月~
平成29年3月
長期入院患児への復学支援 ~追跡調査を行って~ 病院
看護師1名
田中(地域基礎看護学)
日比(育成期看護学)


平成28年4月~
平成29年3月
手術室における発災を想定した実働訓練の取り組み 病院
看護師1名
梅津 (成熟期看護学)
大川(看護研究センター)


平成28年4月~
平成29年3月
未就学児育児中の常勤看護師の業務上の困難とその対処行動 病院
看護師1名
両羽(機能看護学)
水野(機能看護学)


平成28年6月~
平成29年5月
心不全入院患者に対する退院指導体制の充実 病院
看護師2名
保健師1名
古川(成熟期看護学)
宇佐美(成熟期看護学)


平成28年7月~
平成29年6月
がん看護外来における「がんと診断されたときからの緩和ケア」 ~がん患者の在宅療養を支える要因と今後の課題~ 病院
看護師1名
奥村(成熟期看護学)
梅津 (成熟期看護学)


平成28年6月~
平成29年5月
実施した援助を評価し改善につながる事例検討の方法 市町村保健センター
保健師4名
北山(地域基礎看護学)
山田(地域基礎看護学)


平成28年7月~
平成29年6月
病棟看護師の防災に対する認識 社会福祉施設
看護師5名
茂本(育成期看護学)
松山(育成期看護学)


平成28年7月~
平成29年6月
終末期がん患者における安全への取り組み ~緩和ケア病棟の転倒・転落インシデントを振り返って~ 病院
看護師2名
奥村(成熟期看護学)
橋本(機能看護学)


平成29年6月~
平成29年6月
小児がん化学療法を受けた幼児・学童期の子どもを持つ母親への栄養に関する調査 病院
看護師1名
日比野(地域基礎看護学)
堀田(成熟期看護学)


平成28年11月~
平成29年10月
コンピテンシー学習会の効果について ~事例検討会を実施して~ 病院
看護師2名
両羽(機能看護学)
百武(機能看護学)


平成28年9月~
平成29年8月
急性期の心理教育による疾患への思いの変化 病院
看護師1名
石川(地域基礎看護学)
大井(地域基礎看護学)


平成28年11月~
平成29年10月
精神科救急病棟における転倒予防策の検討 病院
看護師1名
葛谷(地域基礎看護学)
高橋(未)(地域基礎看護学)


平成29年3月~
平成30年2月

平成27年度支援課題

研究課題 申込者 担当教員(所属等) 支援適用期間
片麻痺を伴う脳卒中患者の回復過程における心理的変化に基づいた看護支援の検討 病院
看護師1名
星野(成熟期看護学)
百武(機能看護学)


平成28年2月~
平成29年1月
認知症治療病棟における感染対策に対する看護師の意識向上とその行動変容に向けた試み 病院
看護師1名
石川(地域基礎看護学)
鳴海(成熟期看護学)


平成27年12月~
平成28年11
経管栄養を行っている寝たきり患者の効果的な口腔ケアによる口腔内乾燥予防への取り組み 病院
看護師2名
橋本(機能看護学)
水野(機能看護学)


平成27年10月~
平成28年9月
認知症患者の転倒リスクの検討 病院
看護師1名
窪内(成熟期看護学)
葛谷(地域基礎看護学)


平成27年10月~
平成28年9月
臨地実習指導の看護の質の向上と統一に向けた取り組み 病院
看護師1名
布施(成熟期看護学)
加藤(地域基礎看護学)


平成27年8月~
平成28年7月
介護老人福祉施設における摂食嚥下に関わるコンサルテーション成果と課題 病院
看護師1名
古川(成熟期看護学)
原田(地域基礎看護学)


平成27年7月~
平成28年6月
小児がんの栄養に関するアンケート調査 病院
看護師1名
長谷部(育成期看護学)
原田(地域基礎看護学)


平成27年4月~
平成28年3月

平成26年度支援課題

研究課題 申込者 担当教員(所属等) 支援適用期間
当院手術室での災害対応の実用化に向けた取り組み 病院
看護師1名
梅津(成熟期看護学)
大川(看護研究センター)


平成27年2月~
平成28年1月
片麻痺を伴う脳卒中患者の回復過程における心理的変化に基づいた看護支援の検討 病院
看護師1名
星野(成熟期看護学)
堀(地域基礎看護学)


平成26年12月~
平成27年11月
看護職者の手荒れの実態調査とその支援のあり方 病院
保健師1名
看護師2名
谷口(育成期看護学)
小澤(看護研究センター)
鈴木(機能看護学)
布原(育成期看護学)
〈平成27.4~谷口准教授より変更〉
平成26年11月~
平成27年10月
外来における内服化学療法セルフケア支援の充実 病院
看護師2名
奥村(成熟期看護学)
大井(地域基礎看護学)


平成26年10月~
平成27年9月
外来化学療法室のスタッフが有効に情報共有する方法についての検討 病院
看護師2名
橋本(機能看護学)
山本(育成期看護学)


平成26年8月~
平成27年7月
異食行動減少に向けた効果的な介入方法の検討 病院
看護師2名
日比野(地域基礎看護学)
堀田(成熟期看護学)


平成26年8月~
平成27年7月
長期隔離されていた患者への隔離解除の働きかけ ~易怒性・暴力行為のある患者への援助~ 病院
看護師1名
松下(地域基礎看護学)
高橋未来(地域基礎看護学)


平成26年8月~
平成27年7月

PAGE TOP