このページを印刷する

今年度の事業一覧

今年度の事業一覧

 本事業は、県内看護職の生涯学習を促進することを目的とした研修事業です。県内看護職が大学の知的資源を利用して、自己学習や業務改善ができるようにするために、看護の実践研究指導・研修として取り組んでいます。単に公開講座や研修を行うのではなく、現場看護職自身が現場の見直しを図り、各自の業務改善に直結することを重視しているため、まず大学教員が実践現場に出向き、県内看護職の看護活動の現状や実践上の課題を把握した上で、現場の実態に即した研修・指導方法をとっているのが特徴です。

岐阜県看護実践研究交流会への研究支援(平成15年度開始)

目的

 岐阜県看護実践研究交流会会員への研究支援を通して、県内の看護実践の改善及び看護サービスの質の向上を図るとともに、本学の教育・研究活動の基盤を拡大する。

平成29年度の取り組み

 岐阜県看護実践研究交流会会員が看護実践改善のため主体的に行う研究について、本学教員による研究支援の運営・管理、推進に取り組む。また、研究支援の一環として、本年度の岐阜県看護実践研究交流集会抄録集及び岐阜県看護実践研究交流会活動報告書等の作成を支援する。また、岐阜県看護実践研究交流集会の開催に関して研究交流促進部会と協力して支援する。

 1)支援適用の決定...会員からの申込を受け、面談の上、決定する。
 2)研究支援方法...期間は1年間とし、2人以上の教員で数回程度の面接やメールによる相談・支援を行う。対象者が来学する場合と教員が現地に出向く場合がある。
 3)自己点検評価の実施...研究支援終了後に、教員・対象者双方から、支援の成果についての評価を行う。
 4)自己点検評価(支援を受けた看護職及び支援担当教員)の結果等を踏まえ、交流会役員会と協働して研究支援の充実・改善を図る。
 5)研究支援の趣旨・方法に関する共通理解の強化を図る。
 6)本年度の岐阜県看護実践研究交流集会抄録集及び岐阜県看護実践研究交流会活動報告書等の印刷や岐阜県看護実践研究交流集会の開催にかかる支援を行う。

利用者ニーズを基盤とした退院支援の質向上に向けた看護職者への教育支援(平成24年度開始)

目的

 県内の退院支援の質向上に向けた看護職者への教育的支援として、県健康福祉部医療整備課と協働で「退院支援教育プログラム(2017年度)」を施行する。当該教育プログラムにおいては新たな研修参加者を対象としたベーシック研修(講義・グループ討議)と、ベーシック研修修了者を対象としたフォローアップ研修(グループ討議・事例検討)、フォローアップ研修修了者を対象としたアドバンス研修(退院支援の実践を通した事例検討)を行う。ベーシック研修の講義では、退院支援に関する知識の修得・退院支援の取り組みの理解を目指し、グル―プ討議では、利用者ニーズを基盤とした自施設の退院支援の現状・課題の把握を目指す。フォローアップ研修では、事前に大学側から提示した2事例の事例検討により、退院支援の新たな知見を得ることを目指し、グループ討議では1年間の自身の取組みを報告し、個々の看護職者の退院支援の取り組みのリフレクションを行う。アドバンス研修では、自身の取り組んだ事例を提示して事例検討することにより、自部署の中で退院支援の質向上に向け中核となって取り組むことを目指す。研修実施後に参加者の意見を踏まえて担当者間で検討し、退院支援の質向上に向けた看護職者への人材育成の方策として「退院支援教育プログラム(2017年度)」を改善する。

平成29年度の取り組み

 県内の退院支援の質向上に向けた看護職者への教育的支援として、県健康福祉部医療整備課と協働で、「退院支援教育プログラム(2017年度):ベーシック研修、フォローアップ研修、アドバンス研修(3回)を含む」を施行し、成果・課題を明確化しプログラム内容を改善する。
 1.ベーシック研修では、県内の全看護職者を対象とし、退院支援に関する講義による知識の修得、退院支援の取り組みの理解の機会を提供する。またグループ討議を実施し自施設の退院支援の現状・課題についての意見交換を行う。
 2.フォローアップ研修は、昨年度までのベーシック研修修了者を対象とし、2事例の事例検討を行い意見交換及びグループ討議をとおして新たな知見の修得と研修修了者のリフレクションの機会とする。
 3.アドバンス研修は、昨年度までのフォローアップ研修修了者を対象とし、自身の取り組んだ事例を提示して事例検討を行い、意見交換をとおして自部署の退院支援の充実に向けて取り組んでいくための支援を行う。
 4.研修参加者に学びの内容、退院支援教育プログラムについての意見等に関する質問紙調査を行う。
 5.質問紙調査結果を踏まえて担当者間で検討し、県内全体の退院支援の質向上に向けた看護職者への人材育成の方策として「退院支援教育プログラム(2017年度)」を改善する。

地域における母子保健活動の充実に向けた研修会(平成25年度開始)

目的

 岐阜県内の母子保健活動の充実をめざし、医療施設と地域保健の連携の方法を検討し母子保健に関わる看護職の地域を基盤にした実践能力を高めることを目的とする。

平成29年度の取り組み

本事業は、保健センター、保健所の保健師および、地域の周産期医療施設の助産師や看護師とともに、地域での連携の在り方やそれぞれの施設で行っている育児支援の実際について研修会を2回行う。研修会のプログラムについては、「地域の子育て支援」をテーマに、研修会の講師として医療施設の助産師、地域で母子保健活動をしている保健師、母子保健に関わる心理職、保育職、福祉職などの多職種、地元で活動しているNPO法人などの民間団体からも講師を招く予定である。
2回の研修会のうち、1回は多職種で支える地域の子育てをテーマとし、もう1回は地域における助産師の活動をテーマに卒業生にも呼びかけ、託児をつけて参加できる体制を整える。

看護の専門性を高めるマネジメント能力向上に向けた支援(平成27年度開始)

目的

 岐阜県下の病院の看護管理者および中堅看護師を対象にそれぞれワークショップを1回開催し、看護の専門性を高めるために必要なマネジメントの課題を確認し、その解決に向けた方策を検討する。また、継続的なプログラムの開発を進める。

平成29年度の取り組み

5~8月はワークショップの開催準備(プログラム検討、案内発送等)を行う。
11月以降は1~3年目のワークショップを振り返り、継続したプログラム案を検討する。

専門看護師の看護実践の質向上を目指す研修会(平成28年度開始)

目的

 岐阜県内の専門看護師の交流を深め、それぞれの専門分野での看護の質向上に向けた取り組みについて、お互いの活動から学び、実践活動の改善を目標とする。

平成29年度の取り組み

 今年度は昨年度実施した県内の専門看護師への学修ニーズ調査結果に基づき、専門看護師に共通する課題に対応した研修会を実施する。

養護教諭のスキルアップと養護教諭像の醸成を目指した学びの会(平成27年度開始)

目的

 卒後1~6年目となる養護教諭が、職務における悩みや葛藤を話し合い、またベテラン養護教諭の助言・講義を受けることで、自分自身の課題と今後の目標を見つけ、より広い視野で養護教諭の在り方を検討する機会とする。また現職教育の充実を図る場とする。それにより、養護教諭としてのスキルアップに向けた意欲を養う。また将来的には、自主的な勉強会等へと発展することを目指す。

平成29年度の取り組み

以下の内容で、年2回の開催を予定している。

1.参加養護教諭の募集及び職務に関する感想の募集

 昨年度に引き続き、卒後1~6年目程度となる養護教諭を対象に案内を送る。今年度は県内全地域の養護教諭に送付する。参加の有無についてメールでの返信を依頼し、その際職務に関する悩みや・葛藤学びたいことについての意見を募集する。

2.学びの会の実施 (10月・2月開催予定)
 昨年度募集した職務に関する悩みや葛藤・今後学びたいことをもとに学びの会を開催する。
学びの会は、経験年数による学びの場と、経験年数が混在する学びの場を意図的に提供し、実践的な学びの場とする。 またミドルリーダー養成の場とする。
 1)ベテラン養護教諭の講話
  昨年度募集した「今後学びたいこと」を取りあげ講話を実施する。
 2)悩みや葛藤の話し合い(グループディスカッション)
  グループディスカッションは、2パターンで実施する。
   ① 経験年数別養護教諭とベテラン養護教諭、大学教員で構成する。
   ② 経験年数混在養護教諭とベテラン養護教諭、大学教員で構成する。
 3)終了後のアンケート
  本会参加の感想、本会参加による変化、本会への希望などについて意見を聞く。
3.振り返り
  •  教員とベテラン養護教諭で今後の方針について検討する。また、会の振り返りを通してミドルリーダーの養成について意見交流する。

PAGE TOP