このページを印刷する

今年度の事業一覧

今年度の事業一覧

 本事業は、県内看護職の生涯学習を促進することを目的とした研修事業です。県内看護職が大学の知的資源を利用して、自己学習や業務改善ができるようにするために、看護の実践研究指導・研修として取り組んでいます。単に公開講座や研修を行うのではなく、現場看護職自身が現場の見直しを図り、各自の業務改善に直結することを重視しているため、まず大学教員が実践現場に出向き、県内看護職の看護活動の現状や実践上の課題を把握した上で、現場の実態に即した研修・指導方法をとっているのが特徴です。
 各事業へのお問い合わせはメールアドレスをご利用ください。

岐阜県看護実践研究交流会への研究支援(平成15年度開始)

目的

 岐阜県看護実践研究交流会会員への研究支援を通して、県内の看護実践の改善及び看護サービスの質の向上を図るとともに、本学の教育・研究活動の基盤を拡大する。

平成30年度の取り組み

本学教員は、岐阜県看護実践研究交流会の会員が看護実践の改善に向けて主体的に取り組む研究について、相談・助言などの研究支援を行っている。今年度も、交流会役員と協働して、研究支援の運営・管理、推進に取り組む。

問合せ用メールアドレス

nccenter ※この末尾に「@gifu-cn.ac.jp」を補完してください。

利用者ニーズを基盤とした退院支援の質向上に向けた看護職者への教育支援(平成24年度開始)

目的

 「退院支援教育プログラム(2018年度)」を施行し、利用者ニーズを基盤とした退院支援の質向上に向けた看護職者への教育支援を推進し、人材育成の方策を追究する。

平成30年度の取り組み

 県健康福祉部医療整備課と協働で「退院支援教育プログラム(2018年度)」を施行し、参加者の学び等により成果・課題を明確にし、プログラム内容を改善する。
1)ベーシック研修では、県内の全看護職者を対象とし、退院支援に関する講義による知識の修得・退院支援の取り組みの理解の機会を提供する。またグループワークを実施し自施設の退院支援の現状・課題についての意見交換を行う。
2)フォローアップ研修では、昨年度までのベーシック研修修了者を対象とし、2事例の事例検討を行い意見交換をとおして研修修了者のリフレクションの機会とする。
3)アドバンス研修では、昨年度までのフォローアップ研修修了者を対象とし、自身の取り組んだ事例を提示して事例検討を行い、意見交換をとおして自部署の退院支援の充実に向けて取り組めるよう支援を行う。
4)研修参加者に学びの内容、退院支援教育プログラムについての意見等に関する質問紙調査を行う。
5)質問紙調査結果を踏まえてメンバー間で検討し、県内全体の退院支援の質向上に向けた看護職者への人材育成の方策として「退院支援教育プログラム(2018年度)」を改善する。

地域における母子保健活動の充実に向けた研修会(平成25年度開始)

目的

 岐阜県内の母子保健活動の充実をめざし、医療施設と地域保健の連携の方法を検討し母子保健に関わる看護職の地域を基盤にした実践能力を高める。

平成30年度の取り組み

 「地域の子育て支援」をテーマに、今年度は、岐阜地域で研修会を開催する。研修会の講師として医療施設の助産師、周産期にある対象の診療を担う精神科医、地域で母子保健活動をしている保健師や県の母子保健を推進する保健医療課などの行政からも講師を招く予定である。

問合せ用メールアドレス

kosodate ※この末尾に「@gifu-cn.ac.jp」を補完してください。



看護の専門性を高めるマネジメント能力向上に向けた支援(平成27年度開始)

目的

 岐阜県下の病院の新任期および中堅看護師を対象にそれぞれワークショップを1回開催し、看護の専門性を高めるために必要なマネジメントの課題を確認し、その解決に向けた方策を検討する。

平成30年度の取り組み

5~8月はワークショップ・学習会開催準備(プログラム検討、案内発送等)を行う。
9・10月はワークショップ(各50人程度の参加を想定しており、本学講義室を利用予定)を行う。11・12月はこれまでに開催したワークショップを振り返る。
1月・2月は成果確認のための質問紙調査の実施と分析、継続したプログラム案を検討する。

問合せ用メールアドレス

management-jissen ※この末尾に「@gifu-cn.ac.jp」を補完してください。

専門看護師の看護実践の質向上を目指す研修会(平成27年度開始)

目的

 岐阜県内の専門看護師の交流を深め、それぞれの専門分野での看護の質向上に向けた取り組みについて、お互いの活動から学び、実践活動の改善を目標とする。

平成30年度の取り組み

 今年度は昨年度実施した研修会終了後の調査を参考に、専門看護師に共通する課題に対応した研修会を実施する。

問合せ用メールアドレス

cnsjissen2018 ※この末尾に「@gifu-cn.ac.jp」を補完してください。

養護教諭のスキルアップと養護教諭像の醸成を目指した学びの会(平成27年度開始)

目的

 卒後1~6年目の養護教諭が、職務における悩みや葛藤を話し合い、またベテラン養護教諭の助言・講義を受けることで、自分自身の課題と今後の目標を見つけ、より広い視野で養護教諭の在り方を検討する機会とする。それにより、養護教諭としてのスキルアップに向けた意欲を養う。また将来的には、自主的な勉強会等へと発展することを目指す。

平成30年度の取り組み


以下の内容で、年2回の開催を予定している。
1. 参加養護教諭の募集及び職務に関する感想の募集
・県内全域の卒業後1~6年未満の養護教諭を対象に案内を送付する。なお、参加者が能動的に自身の実践を省察し、スキルアップを図るためには、メンターとなる養護教諭の参加を幅広く募集する必要があることから、卒業校、経験年数を問わず参加可能として募集する。(県養護教諭研究部会等で紹介)
・参加の有無についてメールでの返信を依頼し、その際職務に関する悩みや・葛藤・学びたいことについての意見を募集する。
2. 学びの会の実施(10月、2月開催予定)
1) 養護教諭による講話 
(仮題) 10月 保健管理と保健教育の充実 
保健室での子供への対応
3月  養護教諭のキャリアステージにおける資質向上の在り方
健康教育の推進と養護実践のまとめ方
2) グループディスカッション
① 経験年数別養護教諭と講師、大学教員で構成する。
② 経験年数混在養護教諭と講師、大学教員で構成する。
3) 終了後のアンケート
本会参加の感想、本会参加による変化、本会への希望などについて意見を聞く。
4) 振り返り
講師、指導助言者、大学教員で今後の方針について検討する。

医療的ケアを必要とする子どもの放課後等児童デイサービスにおける実践活動の充実を目指した研修会(平成30年度開始)

目的

 人工呼吸器をはじめとする高度な医療的ケアを必要とする子どもへの放課後等児童デイサービス(以下、放課後等児童デイサービスとする)に従事する看護師、保育士が、実践に役立つ講演や実践報告を聞き、実践活動における工夫や悩みを話し合うことにより、自施設での実践の質を向上させる糸口を見つけ、顔の見えるネットワーク構築に役立てる機会とする。また実践の状況やニーズを把握するための基礎的資料を得る。

平成30年度の取り組み

以下の内容で年1回の開催を予定している。
1.参加者の募集
医療的ケアを必要とする子どもへの放課後等児童デイサービスを行う施設に案内を郵送する。これまでの取り組み(共同研究)で関わりのある施設、障がいのある子どもに関わる看護職にも周知する。参加受付はFAXにより行う。
2.研修会の実施
1)講演および実践報告
放課後等児童デイに役立つ知識に関する講演、および実践活動報告を行う。
2)交流会
日頃の活動における悩みや困り事を話し合い、他施設における工夫を共有する。自施設の特徴なども含めた自己紹介により、顔の見える関係づくりを行う。
3)アンケート記入
本研修会の満足度、実践に役立つか、意見感想、そして現状とニーズ把握のためのアンケート調査を行う。
4)振り返り
講演内容、交流会の様子、アンケート、メンバーの所感などにより振り返りを行い、今後の会の運営について話し合う。

問合せ用メールアドレス

childcare ※この末尾に「@gifu-cn.ac.jp」を補完してください。

岐阜県におけるEnd-of-Life Care充実に向けた研修会(平成30年度開始)

目的

 岐阜県内で活動する看護職のEnd- of -Life Care に関する知識や支援技術の向上を図ることを目標とする。今年度は、これまでにELNEC-Jコアカリキュラムを受講者した看護職を対象に、フォローアップ研修を実施する。

平成30年度の取り組み

研修会プログラムの検討            H30年6月~10月
研修会参加者の募集(発送)          H30年8月
研修会の開催及び評価             H30年11月
報告書作成                  H31年2月

PAGE TOP