このページを印刷する

センターの活動紹介

看護研究センターの活動

 看護研究センターは、看護実践現場と大学の橋渡しをすることにより、看護職者の看護生涯学習を含めた大学の行う教育活動や看護実践の改革のための研究活動の基盤づくりを目指しています。

看護研究センターの活動

 看護研究センターの主な活動を紹介します。詳しくは看護研究センターのパンフレット(PDF)をご覧ください。

ncc_pamphlet2017.png  まず、本学が開学から実施してきている看護実践に従事する人との共同研究事業の調整があります。さまざまな共同研究が現場の実践改善に結びついたか、学生の授業や実習など教育活動に反映されたか、どのような効果があったかという視点での評価も担っています。

 次に、本学では県内看護職が大学の知的資源を利用して自己学習や業務改善ができるように看護の実践研究指導・研修を行う看護実践研究指導事業を実施してきていますが、事業の円滑な実施を促すための調整役を担っています。

 さらに、岐阜県看護実践研究交流会が毎年開催する交流集会への支援と会員が取り組む看護実践研究への支援の調整も行っています。

 また、本学卒業者が看護職者として成長していけるように卒業後もひきつづき大学として支援を継続していきますが、その窓口の役割を果たしています。

 そのほかに、看護生涯学習に関するさまざまな相談を受けたり、看護実践フィールドを管理し、学外へ情報発信をしたりする活動も行っています。

看護生涯学習に関する相談

 現在、本学の学士課程では科目等履修生制度、大学院は博士前期課程(3年)と博士後期課程(3年)、さらに博士前期課程では、科目等履修生制度があります。看護研究センターは、これらに関する相談を受けます。

看護実践フィールドの管理や学外への情報発信

 学内教員の協力を得て、臨地実習施設の情報を常時収集し、本学への協力施設のデータベースとして管理し、有効活用と本学の教育・研究活動の基盤を充実させます。

 本学が県内各施設の看護職と共同で行った研究成果について、情報電子化による効果的な研究成果の蓄積および発信の方法を追究し、看護実践現場における研究成果の更なる活用を促します。

 また、遠隔会議システムを導入して遠隔地の看護職とのテレビ会議も行っています。

PAGE TOP