このページを印刷する

山田 洋子

氏名 山田 洋子(やまだ ようこ)
所属

地域基礎看護学領域

職位

准教授

学歴

千葉大学看護学部看護学科 1993年卒業
千葉大学大学院看護学研究科博士前期課程 2003年修了
岐阜県立看護大学大学院看護学研究科博士後期課程 2012年修了

学位

学士(看護学)
修士(看護学)
博士(看護学)

職歴

富士市役所保健婦(1993~1997年)
千葉大学看護学部助手(1997~2001年)
千葉大学看護学部助手(2003~2007年)
千葉大学看護学部助教(2007~2009年)
岐阜県立看護大学講師(2009~2010年)
公立大学法人岐阜県立看護大学講師(2010~2014年)
公立大学法人岐阜県立看護大学准教授(2014年~)

専門分野

地域看護学

担当科目

学部:地域基礎看護学概論A・地域基礎看護学概論B、地域基礎看護方法7、地域基礎看護方法8、地域基礎看護方法9、成熟期看護方法1、地域基礎看護学実習1・2・3、地域基礎看護学卒業研究Ⅰ・Ⅱ、看護学統合演習
大学院:地域基礎看護学演習Ⅰ、地域基礎看護学演習Ⅱ、地域基礎看護学特論Ⅱ、地域基礎看護学特別研究

研究テーマ

・行政保健師の役割・機能に関する研究
・予防的支援に関する研究

著書・論文

著書
・山田洋子. (2016). 第1章発達段階の特性に応じた活動論 Ⅱ成人・高齢者保健福祉活動 3.介護予防活動. 宮﨑美砂子, 北山三津子他(編), 最新公衆衛生看護学第2版2016年版各論1, pp138-164, 日本看護協会出版会.
論文
・山田洋子. (2016). 予防的支援を実践できる看護職に必要な能力と学士課程卒業時の到達目標. 岐阜県立看護大学紀要, 16(1), 3-14.
・山田洋子. (2014). 予防的支援を実践する看護職が発揮している予防機能. 岐阜県立看護大学紀要, 14(1), 49-60.
・松下光子, 大井靖子, 種村真衣, 山田洋子, 大川眞智子. (2014). 6基礎自治体における保健師の行政評価への取り組みと保健師活動評価の実施状況. 岐阜県立看護大学紀要, 14(1), 149-156.

競争的外部資金

・平成25~27年度,科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究,研究代表者),「‘個から地域へ’展開する保健師の思考過程に着目した公衆衛生看護実践モデルの開発」
・平成26~27年度,科学研究費補助金,研究分担者,「看護者対対象者の2者関係に基づく地域生活集団を対象とした看護活動の構造」(挑戦的萌芽研究,研究代表者:松下光子)

学会

日本地域看護学会会員
日本公衆衛生学会会員
日本看護科学学会会員
日本公衆衛生看護学会会員
文化看護学会会員・評議員
千葉看護学会会員

社会活動

岐阜県保健師研修講師

PAGE TOP