このページを印刷する

奥村 美奈子

氏名 奥村 美奈子(おくむら みなこ)
所属

成熟期看護学領域

職位

教授

学歴

昭和55年3月:三重大学医学部附属看護学校卒業
平成3年3月:三重大学人文学部文化学科卒業
平成7年9月:三重大学大学院人文社会科学研究科地域文化論専攻修士課程修了
平成13年3月:千葉大学千葉大学大学院看護学研究科看護学専攻(博士前期課程)修了
平成22年3月:岐阜県立看護大学大学院看護学研究科看護学専攻(博士後期課程)修了

学位

看護学博士,人文科学修士

職歴

昭和55年4月:三重大学医学部附属病院看護婦(7年)
平成3年4月:三重大学医療技術短期大学部助手(2年間)
平成9年4月:滋賀医科大学医学部看護学科臨床看護学講座助手(2年間)
平成12年4月:岐阜県立看護大学看護学部講師
平成16年4月:同大学及び大学院助教授
平成19年4月:同大学及び大学院準教授
平成21年4月:同大学及び大学院教授(現在に至る)

専門分野

周手術期看護がん看護

担当科目

<学部>
成熟期看護学概論 、成熟期看護方法3、成熟期看護方法4、成熟期看護方法5
<大学院>
看護学教育論、看護倫理、臨床薬理、看護ヘルスアセスメント、成熟期看護学特論Ⅰ、成熟期看護学特論Ⅱ、成熟期看護学演習Ⅰ、成熟期看護学演習Ⅱ、成熟期看護学特別研究、がん病態看護論、がん看護論、がん看護援助論Ⅰ~Ⅲ、がん援助論演習、がん看護学実習Ⅰ~Ⅲ、がん看護学課題研究Ⅰ~Ⅲ

研究テーマ

手術療法を受ける患者とその家族への看護
がん患者の在宅療養支援
高齢がん患者への支援

著書・論文

<論文>
A県の医療機関における緩和ケアチームの現状と課題:(単)岐阜県立看護大学紀要11巻1号P63-69
A県における終末期がん患者在宅療養支援体制の課題:(単)岐阜県立看護大学紀要13巻1号P103-113
外来化学療法を受けている高齢がん患者の療養生活の現状:奥村美奈子, 布施恵子、浅井恵理、宇佐美利佳、森仁実 岐阜県立看護大学紀要15巻1号(掲載予定)
<著書>
・わかる!検査値とケアのポイント(医学書院):<担当箇所>血液・凝固検査
・新体系 看護学全書 成人看護学① 成人看護学概論 成人保健 第5版(メジカルフレンド社):<担当箇所> 第1章 看護の対象である「成人」とは、人の一生における成人期の位置、成長・発達過程から成人期の特徴(青年期・壮年期) 第2章 Ⅴ.終末期:人生の最期を迎える人と家族に寄り添う 

競争的外部資金

平成23年度~平成26年度:外来学療法を受けている高齢がん患者の療養生活支援システムの開発(研究代表者)

学会

日本看護科学学会会員
日本がん看護学会会員
千葉看護学会会員
日本死の臨床研究会会員
日本看護教育学会会員
日本老年看護学会会員
日本クリティカルケア看護学会会員
日本緩和医療学会会員
日本ホスピス・在宅ケア研究会会員

社会活動

日本クリティカルケア看護学会倫理委員会委員
日本クリティカルケア看護学会 専任査読委員
岐阜県障害者介護給付費等不服審査会委員

PAGE TOP