このページを印刷する

森 仁実

氏名 森 仁実(もり ひとみ)
所属

地域基礎看護学領域

職位

教授

学歴

千葉大学看護学部看護学科卒業
千葉大学大学院看護学研究科看護学専攻(博士前期課程)修了
岐阜県立看護大学大学院看護学研究科(博士後期課程)修了

学位

看護学修士
博士(看護学)

職歴

岐阜市南保健所・中央保健所
岐阜市立第二看護専門学校
岐阜市在宅介護支援センター寺田

専門分野

地域看護学

担当科目

地域基礎看護学概論A・B、地域基礎看護方法1・2・3・6・7・8・9、地域基礎看護学実習1・2・3、地域基礎看護学卒業研究Ⅰ・Ⅱ、看護学統合演習
地域基礎看護学特論Ⅰ・Ⅱ、地域基礎看護学演習Ⅰ・Ⅱ、地域基礎看護学特別研究、広域実践看護学特別研究など

研究テーマ

訪問看護、在宅ケアの体制づくり、保健師の現任教育

著書・論文

森仁実.(2008).岐阜県における訪問看護の現状と課題.岐阜県立看護大学紀要,9(1).29-35.
森仁実.(2011).訪問看護ステーションの活動を活性化する方法に関する研究.岐阜県立看護大学紀要,11(1),25-35.
森仁実.(2016).6.結核対策における保健福祉活動.宮﨑美砂子,北山三津子など(編),最新公衆衛生看護学 各論1(第2版)(pp.306-325).日本看護協会出版会.

競争的外部資金

〇厚生労働科学研究費補助金:健康安全・危機管理対策総合研究事業(平成19-20年度):結核・感染症の発生に備えた保健所保健師の平常時体制づくり並びに現任教育プログラムの開発に関する研究(研究分担者)
〇科学研究費助成事業(基盤研究(C))(平成24-26年度):過疎地域の在宅ケア体制づくりを促進する看護職の機能に関する研究(研究代表者)

学会

日本地域看護学会
日本公衆衛生学会
日本看護学教育学会
千葉看護学会

社会活動

岐阜県高齢者安心計画作成・推進委員会委員
岐阜県障害者介護給付費等不服審査会委員
羽島市行政改革推進委員会委員
「日本地域看護学会誌」編集委員会査読委員

PAGE TOP