このページを印刷する

服部律子

氏名 服部律子(はっとりりつこ )
所属

育成期看護学領域

職位

教授

学歴

千葉大学看護学部看護学科
京都女子大学家政学研究科児童学専攻
大阪大学医学部医学研究科保健学専攻(博士課程単位取得満期退学)

学位

学士(看護学)
修士(児童学)
博士(学術)

職歴

総合母子健康センター愛育病院助産婦
兵庫県立塚口病院看護婦
京都市衛生局左京保健所非常勤保健婦、淀川キリスト教病院非常勤保健婦
日本バプテスト看護専門学校専任教員
京都大学医療技術短期大学部看護学科助教授
岐阜県立看護大学看護学部教授
岐阜県立看護大学看護学研究科教授
岐阜県立看護大学看護学部教授・大学院看護学研究科長(現在に至る)

専門分野

母性看護学・助産学

担当科目

育成期看護学概論、育成期看護方法、育成期看護学実習1~3、卒業研究Ⅰ・Ⅱ
助産学概論、助産方法、助産方法演習、助産実習
育成期看護学特論Ⅰ・Ⅱ、育成期看護学演習Ⅰ・Ⅱ、育成期特別研究、看護倫理
臨床薬理・病態生理学
広域実践看護学研究方法特論Ⅰ、看護行政・政策論演習、看護倫理演習
看護学教育論演習、広域実践看護学特別研究

研究テーマ

母性看護領域における援助の方法に関する研究
母性看護学・助産学教育方法に関する研究
育成期の母子と家族への育児支援

著書・論文

著書
ハイリスクの妊産褥婦・新生児へのケア,助産師基礎教育テキスト第7 巻,
多胎児を育てる親へのケア,310-314,日本看護協会出版会,2014
性教育学(分担執筆) 出産の仕組み 56-58, 朝倉書店,2013


論文
共著:不妊治療後の妊婦への母親役割獲得に向けた妊娠期の支援,岐阜県立看護大学紀要,16(1),15-26,2016
共著:岐阜県立看護大学大学院看護学研究科博士前期課程修了後4~9年目の修了者の活動状況と修了者支援の方向性,岐阜県立看護大学紀要第16(1), 2016.
共著:助産師による妊娠期からの育児支援,岐阜県立看護大学紀要,15(1);29-41,2015|共著:出生前診断によって胎児の予後不良を予想された家族へのバースプランの開発,岐阜県立看護大学紀要、15(1);3-16,2015,
共著:セルフケアプログラムを取り入れた教育方法の検討,岐阜県立看護大学紀要, 13;73-86,2014.
共著:2 年課程の看護学生の学びの特徴―思考力を高めるための試行的な授業
における学生の反応から― 岐阜県立看護大学紀要,13;37-48,2014

競争的外部資金

2014年~2017年 科学研究費 挑戦的萌芽 研究代表者
 虐待予防のためのハイリスク妊婦への地域連携を基盤とした育児支援プログラムの開発


2010年度~2013年 科学研究費 基盤研究(c) 研究代表者
 多胎家庭への地域ネットワークを基盤とした当事者主体の包括的な育児支援方法の開発


2007年度~2009年 科学研究費 基盤研究(c)
 研究代表者子育てエンパワメントを目指した多胎育児支援方法の開発と地域ネットワークの構築


2004年度~2006年 科学研究費 基盤研究(c) 研究代表者
 双生児家族への妊娠期から育児期早期における看護介入方法の開発と評価


2001年度~2003年 科学研究費 基盤研究(c) 研究代表者
 双生児家族における家族機能の特徴と母親の育児ストレスとの関連

学会

日本母性看護学会、日本母性衛生学会
日本助産学会、日本看護科学学会
日本思春期学会、日本看護学教育学会
日本小児保健学会

社会活動

日本多胎支援協会理事
ぎふ多胎ネット理事
羽島市子ども子育て委員

PAGE TOP