このページを印刷する

学長あいさつ

ヒューマンケアの実践知を豊かな心で学ぶ

学長 黒江ゆり子

 本学は、岐阜県民の誰もが健やかに暮らすことができることを目指し、看護サービスの質の向上に貢献することを使命として平成12年に開学致しました。平成16年には大学院看護学研究科修士課程、平成18年に博士課程を開設し、さらに平成22年には公立大学法人岐阜県立看護大学となり、看護実践の課題に取組む能力を培う実践性・応用性の高い学修ができる環境づくりをするとともに、看護学高等教育機関として、その責務を担っています。

 看護学は、保健師・助産師・看護師等が行っている活動に関して理論的体系と科学的根拠を与え、ひとり一人が健やかに生きることを支える活動を的確に導き、それらの看護サービスの質向上を目指す学問です。

 近年、ケアに関わる人々の要望は多様化かつ高度化しており、看護職者には確実な技術と知識を身に着けるのみならず、ヒューマンケアとして思索することのできる豊かな人間性と深い倫理的判断力が求められています。 

 看護学科では、看護職等の免許に繋がる看護学の専門の基礎を学びます。看護学は生涯にわたる研鑽を続ける学問であることから、高学年次における教養科目の学修や看護学の臨地実践を基盤とした卒業研究など、特色ある教育課程を展開しています。看護学研究科では、日々の生活を営む人々が求める看護サービスの本質を見極め、看護実践の改善・改革に柔軟かつ優れた研究力をもって取り組み、質の高い看護サービスに繋げることのできる人材育成を追究しています。

 本学では、開学以来、全県下の看護職と数多くの共同研究を行うことを通して、看護職の広い繋がりと看護実践の改善・充実に努めてきました。今後は、これらの教育研究活動を通して培ってきた実績を踏まえ、本学卒業者・修了者および県下の看護職とともに、看護実践研究支援を含めた本学独自の生涯学習の機会を一層広く提供していきたいと思います。

学長 黒江ゆり子

PAGE TOP