このページを印刷する

研究科長あいさつ

研究科長あいさつ

 本学の看護学研究科は、開学以来力を注いできた岐阜県下の看護職との共同研究や、県下各地での研修会(看護実践研究指導事業)を基盤にして創設されました。

 研究科では、人々が求める質の高い看護の開発とともに、現職看護職者の生涯学習の拠点としての機能を発揮することを追求しています。

 殊に博士前期課程では、看護の現状と課題を分析し課題を解決または改善し、看護の充実を図ることを目指して実践に取り組みます。それを評価して、その後の看護の発展を確実に導く実践研究を行います。すなわち、看護実践の改善・改革に直結する研究を実施します。このプロセスを通じて、人々に提供される看護サービスの質を看護職自らが高めていくことができるようにすることを目指しています。

 平成17年度以降、既に多くの修了者を輩出しており、その殆どの人が所属施設で引き続き看護実践の充実に取り組んでいます。

岐阜県立看護大学 看護学研究科長
服部律子

PAGE TOP