このページを印刷する

遠隔会議システムの活用

遠隔会議システムの活用

看護研究センターには遠隔会議(テレビ会議)システムが設置されており、同じシステムが設置された県内5施設(平成30年4月1日現在)と大学を結んで教員が学部生の教育や大学院生への研究指導、卒業者を含む看護職者との共同研究や看護実践研究指導などに活用しています。

遠隔会議(テレビ会議)システムを利用すれば、大学に来なくとも論文作成のための研究指導を受けることができます。システムの設置された施設の関係者以外でも使用できる施設がありますので、詳細は看護研究センターにお問い合わせください。

PAGE TOP