このページを印刷する

教育目標・修了要件

教育目標

 看護実践の具体的諸課題に焦点をあて、その問題解決能力の育成をし、実践の場において、次の能力を発揮できる人材を育てます。

  1. 1. 専門性の高い看護実践を遂行する能力
  2. 2. 看護の質の充実に向けた改革を実行する能力
  3. 3. 多様な関係者の中で、ケア充実に向けた調整・管理をする能力
  4. 4. 総合的視野と高い倫理観に基づく看護サービスを改革する能力
  5. 5. 各種の専門領域で、後輩の指導を担う能力

修了要件

 本課程の修了に必要な単位数は次のとおりです。当該単位数以上を修得し、かつ修士論文の審査及び最終試験に合格することが求められます。

博士前期課程

区分 必修 選択 合計
総単位数 10 23 33
専門科目(選択した専門領域の科目)   17 17
看護学共通科目 8 6 16
基本科目 2

PAGE TOP