このページを印刷する

ディプロマ・ポリシー

看護学研究科の学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

 博士後期課程
 以下の能力を修得した者に博士(看護学)の学位を授与する

  1. 1. 看護実践理論を構築・体系化する研究を自立・自律して実施することができる。
  2. 2. 看護実践に関与する多様な要因について分析し、実践の改善・改革のための研究を組織的に指導することができる。
  3. 3. 個人の尊厳と人権の尊重に基づく利用者中心の視座から、看護学の研究・教育・実践活動を推進することができる。
  4. 4. 看護行政・政策にかかわる課題を明確にし、看護活動を変革するための展望をもって、施策の企画・立案・実施・評価を研究的に取り組むことができる。
  5. 5. 看護学の学士課程教育や大学院教育の改善・改革に向けて、研究的に取り組むことができる。

PAGE TOP