このページを印刷する

授業科目一覧・概要

3年間の学習の進み方

3年間の学習の進み方

 大学院博士後期課程は、基本科目と専門科目(特論・演習・特別研究)から構成されます。

基本科目

 看護実践研究の方法開発を多角的視野で追究するという意味で、3つの選択科目で構成されます。1つ目は、教育実践研究方法論で、看護実践と同じように、教育学の社会実践に関わる課題や研究方法を学ぶことを目指しています。2つ目は組織管理論で、保健・医療・福祉・介護組織の下部システムに位置づけられている看護サービスの特質を捉えることを学ぶ科目として位置づけています。3つ目はヘルスケアニーズ調査論で、調査研究方法の基礎的能力を支える基本的な学修科目です。これらは、隔年ごとに開講する選択科目として、学生の関心に基づき履修することを原則としています。

専門科目

 本課程の専門領域は、広域実践看護学の1領域です。特論・演習・特別研究で構成されており、全科目が必修です。

1. 広域実践看護学研究方法特論Ⅰ・Ⅱ

 看護実践事象について、看護対象特性に焦点をあてた研究方法の開発を特論Ⅰで扱い、ヘルスケアの環境を整える側面に焦点をあてた研究方法の開発を扱うものを特論Ⅱとして授業内容を構成し、教授します。

2. 広域実践看護学演習

 「看護行政・政策論」「看護倫理論」「看護学教育論」の3つの側面から、演習を設定し、看護サービスの利用者ニーズを基本に捉えた看護実践の改革の方向性を導く視野と、本課程の目的である看護学の教育者としての基本的能力とを培います。「看護学教育論演習」では、看護実践研究指導のあり方を追究し、看護学の体系的な教育の方法を深めます。なお、この演習3科目では、課題レポートを課し、次の特別研究でまとめる博士論文の副論文に相当するレポートをまとめ、実質的な学修をします。

3. 広域実践看護学特別研究

 学生は、看護実践にかかる研究課題を選定し、研究計画を作成し、博士論文としてまとめます。この授業では、研究計画の作成から研究の実施過程に沿って指導を行います。

授業科目一覧

授業科目必修
選択
講義
演習
実習
単位数
区分授 業 科 目 名



ヘルスケアニーズ調査論講・演1
教育実践研究方法論講・演1
組織管理論講・演1



広域実践看護学研究方法特論 I講・演2
広域実践看護学研究方法特論 II講・演2
看護行政・政策論演習講・演1
看護倫理論演習講・演1
看護学教育論演習講・演1
広域実践看護学特別研究講・演4

概要

科目ヘルスケアニーズ調査論責任
教員
会田敬志科目
区分
選択科目
履修
不可
開講
時期
1・3セメスター
隔年開講
(H29年度開講)
目標 人口構造や疾病構造の変化に伴ってヘルスケアニーズも多様化しており、今後ヘルスケアサービスを提供する看護職側に期待されることは、量的な充足だけでなく質的要素を加味して、どこにどのようなヘルスケアニーズが存在し、需要に見合ったヘルスケアサービスをどのように供給していくか、そしてどの程度の社会資源を投入したら、どのようなアウトカムが生じるのかなどを明らかにすることである。
 本科目では、ヘルスケアニーズ調査の設計・実施方法を理解し、得られたデータや分析結果を読み取って解釈し、実践に結びつけていく上で必要な基礎的能力の一端を培うことを目標とする。
科目教育実践研究方法論責任
教員
森田洋司
(非常勤)
科目
区分
選択科目
履修
不可
開講
時期
1・3セメスター
隔年開講
(H30年度開講)
目標 「教育学の社会実践である教育活動と、教育事象に関する研究活動との関係」を論じる。
 小中高校生たちの現状と課題、とりわけ児童生徒の実態に合わせた教科指導教員、養護教諭、カウンセラー、医師等の学校教育集団による対応・取り組みへの研究、およびこれらの対応・取り組みを支援する学校教育行政、地域住民、地域の医療、福祉、司法等の関係諸機関・団体などの諸活動に関する研究は、教育活動が十全な機能を発揮し、これからの社会の担い手としての児童生徒1人ひとりの成長を図るためにも大切な研究である。この科目では、こうした教育実践活動に直結した研究方法について、具体例を解説する。
科目組織管理論責任
教員
荒深友良
(非常勤)
科目
区分
選択科目
履修
不可
開講
時期
1・3セメスター
隔年開講
(H29年度開講)
目標概要:
 人間社会は、組織的活動によって成り立っている。組織社会と言われるようになって久しいが、政治、経済あるいは医療・福祉等のさまざまな場面において、組織は必要不可欠な存在になっている。しかし、私たちは、「組織」を本当に理解しているのであろうか。組織は、私たちに多大な恩恵をもたらしてくれる。その反面、組織の失敗は時に大きな災禍をもたらす。当科目では、「組織とは何か」あるいは、「組織はなぜ、どのように形成され、そして、存続するのか」に関わる組織理論を踏まえた上で、組織デザインの諸方策について状況適合理論の観点から組織の環境適応と組織構造及び組織過程のあり方を中心に考察する。また、組織の中の個人に焦点を当て、その能力の活用と成果を生み出す行動を促進するための組織のマネジメントについて検討する。さらに、組織学習の考え方と組織慣性の問題を取り上げ、組織を活性化し組織力を高めるための論点を明らかにする。
科目広域実践看護学研究方法特論Ⅰ責任
教員
服部律子
黒江ゆり子
科目
区分
必修科目
履修
不可
開講
時期
1-2セメスター
目標 健康障害を持つ人の療養を含め、健康のあらゆるレベルの看護援助方法に関する実践研究の現状と課題を確認し、実践の改善・充実に向けた研究・開発について教授する。各種の健康レベル・ケアの場に共通した看護実践を広域的・総体的に捉えて、看護実践研究の特質と研究開発を論じ、さらに、育成期・成熟期の看護援助方法に関わる実践研究という観点から現状・課題を確認し、研究開発の方法を教授する。また、看護援助の中核的事象となるサービス受領者と看護職者との間で展開される広い意味での看護事象の本質を説明し、その特質を踏まえた研究方法の発展を論じる。
科目広域実践看護学研究方法特論Ⅱ責任
教員
北山三津子
松下光子
科目
区分
必修科目
履修
不可
開講
時期
1-2セメスター
目標 ケア支援の人的環境作りの基本となる家族ケアの充実に向けた看護支援の方法の研究、次いでケア体制或いは地域ケアシステムづくりに向けた看護実践の方法の研究を取り上げ、さらには、看護提供組織の運営と人材育成による機能発展に向けた研究について、いずれも、これからの研究開発の方法を教授する。 以上によって、広域実践看護研究方法論Ⅰで培った個人の健康生活支援の視点からの研究に加えて、個人を取り巻く小環境や地域社会におけるケアの条件整備を自立的に描き、質の高い看護サービス提供を導く研究への導入を目指す。
 なお、ケア環境としては、家族・近親者、介護職などケア実施者、地域共同体など近隣住民などの人的条件があげられ、さらに、福祉や介護など社会サービス資源、育児・療養・介護の民間資源が関与してくる。
科目看護行政・政策論演習責任
教員
松下光子
服部律子
科目
区分
必修科目
履修
不可
開講
時期
2セメスター
目標 岐阜県域の看護行政・政策の具体的・現実的な課題を学び、これを個々の看護施設で看護職が認識する課題と結びつけて捉え、実践研究課題を長期的展望と広い視野で位置づけることができるようにする。これによって、看護実践研究指導のプロセスで求められる研究方法開発の基盤的能力を培うと同時に、県域の看護の現状を効果的に変革するための展望を持つことができるようにすることを狙う。
科目看護倫理論演習責任
教員
奥村美奈子
黒江ゆり子
科目
区分
必修科目
履修
不可
開講
時期
3セメスター
目標 ヒューマンケアの基本を踏まえた看護実践研究の基盤を確立するため、日常的な看護サービス提供に際して生じてくる人間の権利や倫理にかかわる具体的な課題を多角的に深め、その過程で、学生自身が看護職者の社会的役割、看護実践・看護学の特質を明らかにし、報告書にまとめる。
科目看護学教育論演習責任
教員
服部律子
北山三津子
科目
区分
必修科目
履修
不可
開講
時期
1-2セメスター
目標 本課程修了後には、学士課程・修士課程教育あるいは看護実践の場における研究活動の指導者となることが期待されるので、本学での看護学教育の現状と課題を素材にした学修をする。そのため、学士課程では看護実践の特質をどう習得させるのか、修士課程での看護実践研究の教育方法の現状と課題は何かを具体的に把握する学習をする。個別学生の経験等を配慮し、必要に応じて教育活動に参加する。これにより、看護実践の特質をどう修得させるのかという側面から看護学科教育の特徴及び看護実践研究の指導方法の特徴について自己の考えをまとめ、レポートを作成する。
科目広域実践看護学特別研究責任
教員
服部律子
黒江ゆり子
北山三津子
松下光子
奥村美奈子
森仁実
藤澤まこと
科目
区分
必修科目
履修
不可
開講
時期
1-6セメスター
目標 この授業では、「各学生が関心を向けている看護実践上の研究課題を選定し、研究計画をつくり、研究活動を実施し、論文にまとめる」全プロセスについて、必要な指導を個人別に行う。本課程修了後には、学士・博士前期課程教育の指導者、あるいは看護実践の場における研究活動の指導者となることを期待している。そのため、学生が自ら研究を取り組み、看護実践の改善・改革をしていく研究活動の特質を把握できるよう指導をする。この授業では、細分化した専門分野の知識・技術を深める研究開発能力の育成ではなく、看護実践の現状について、広域的・総体的な視野で課題を捉え、改善・改革を導く指導能力を育成する。

PAGE TOP