このページを印刷する

よくあるご質問

よくあるご質問

大学院案内や募集要項の入手方法は?

 大学院案内、大学院募集要項は、以下の方法で入手ができます。

1)郵送で大学へ申し込む。

 以下のとおり、①(長形3号・往信用)と②(角形2号・返信用)の封筒をそれぞれ1通ずつ用意し、封筒②を折りたたんで封筒①にいれて、大学へ送付してください。折り返し、ご請求のあった冊子を封筒②に入れてお送りします。

  1. ①(長形3号・往信用)
    封筒の宛名欄に、宛名(〒501-6295 岐阜県羽島市江吉良町3047-1 岐阜県立看護大学学務課入試担当)とご請求の冊子名を朱書きで記入(○○○請求)して下さい。2部以上の送付を希望する場合は、部数も記入してください。封筒の裏面には、あなたの住所、氏名、電話番号を記入してください。
  2. ②(角形2号・返信用)
    封筒の宛名欄に、あなたの宛名(郵便番号、住所、氏名)を記入し、郵送に必要な切手をはってください。
    「(A)冊子一覧」でご希望の冊子の重量を合計し、「(B)ゆうメール基本料金表」で郵送料金を確認してください。②(角形2号・返信用)封筒自身の重量も郵送料金にかかりますので、料金不足とならないよう、重量計算には、少し余裕をもたせてください。

(A)冊子一覧

請求する冊子 1部の重量
「大学院案内」 100g
「大学院募集要項
(博士前期・後期)」
250g

(B)ゆうメール基本料金表

重量 料金
150gまで 180円

250gまで

215円
500gまで 300円
1kgまで 350円
2)電話・メールで大学へ申し込む。

 大学へ必要な資料をお電話もしくはメールでご連絡ください。折り返し、ご請求のあった冊子を着払い郵便でお送りします。
連絡先 電話:058-397-2300 メール:

3)大学の窓口で受け取る。

 大学の事務室へお越しください。その場で必要な冊子をお渡しします。
事務室の窓口受付時間 平日(月~金)の9:00~17:00
土曜日、日曜日、祝日、夏季休業(平成28年度は8月12日~15日)、年末年始(12月29日~1月3日)及び入試業務実施日は閉鎖しています。念のためお電話でご確認のうえお出かけください。

このほか、大学院案内、募集要項(本文のみ)は、本学ホームページにも掲載します。

長期在学3年コースとは何ですか?

 大学院の博士前期課程(修士課程)の通常の修業年限は2年ですが、本研究科では職場在籍のまま博士前期課程の教育内容を3年間で修業できるよう、長期在学3年コースを設けています。なお、通常の2年コースは本学では設けていません。

時間割はどのようになっていますか?

 本研究科では大学院設置基準第14条の「教育方法の特例」を適用し、夜間(6時限目 18:00~19:30)や土曜日に授業を開講しています。基本的には毎月1~2回の金曜日と毎週土曜日、そして夏季集中講義により授業を開講します。

どのような資格が取得できますか?

 養護教諭専修免許の申請資格や、日本看護協会が年1回実施する専門看護師認定審査の受験資格の1つである、日本看護系大学協議会専門看護師教育課程基準の所定の単位を取得することができます。
 養護教諭専修免許の申請資格を得るためには、既に養護教諭1種免許をお持ちの方で、大学院博士前期課程の入学試験を育成期看護学領域で受験し、入学後、修了に必要な33単位のほかに、所定の5単位分の授業を履修し単位を修得します。1種免許を大学で取得された方については、本大学院を通じて岐阜県教育委員会へ専修免許の申請手続をします。なお、1種免許を教育職員検定で取得された方については、本大学院で取得した単位についての「学力に関する証明書」を発行しますので、修了後に都道府県の教育委員会へ免許申請手続をしてください。
 日本看護系大学協議会専門看護師教育課程基準で指定された内容の科目単位を取得するには、大学院博士前期課程の入学試験を当該専門看護分野が属する領域で受験し、入学後、修了に必要な単位(慢性看護・・・35単位、小児・がん看護・・・37単位)を修得します。

PAGE TOP