お知らせ&イベント

令和3年3月16日(火)卒業証書・学位記授与式を開催しました

今年度の卒業生は看護学部82名、修了生は大学院博士前期課程11名、大学院博士後期課程1名です。
式典会場入口に手指消毒液を設置し、出席者を卒業生、修了生、教職員に限定し、式典の時間を短縮するなど、新型コロナウイルスの感染防止対策を行う中、黒江学長から全員に1人ずつ卒業証書・学位記が手渡されました。
続いて、黒江学長から卒業生・修了生に対し、「人類とウイルスという壮大なテーマのもとで緊迫した生活が今も続いていて、そのような中で皆さんは学びを取りこぼすことなく、より高く、より多くの学びに繋げようとする真剣な姿と、深い洞察に至ろうとする懸命な姿が感動をもたらし、大きな光となりました。」と、卒業生・修了生の門出を祝うとともに、今後の活躍への期待を示しました。
最後に、卒業生を代表して、山田梨央さんから学生生活を振り返り、「この4年間で多くのことを学び、かけがえのない仲間を得ることができた。これから先、つらいことや苦しいこともあると思います。仲間と過ごした日々が私たちを強くし、揺るがない心を持ち、我が道を堂々と進みたい。」と、看護職として歩む今後に向けての決意が示されました。

sotugyousiki20210316.jpg


投稿日:2021.03.17

PAGE TOP