このページを印刷する

公立大学法人岐阜県立看護大学教員の採用方針

公立大学法人岐阜県立看護大学教員の採用方針


 本学は、人々に質の高い看護サービスを提供するため、看護学の立場から責任を持って問題解決
に取り組める人材を育成している。
 学士課程では看護学領域の専門を教授するとともに、県立の高等教育機関としては研究活動に基
づく理論的な裏付けを持って創造的な解決策を提言し、改革の原動力となる人材の育成と供給を行
っている。
 また、大学院研究科では個人の尊厳と人権の尊重を基盤に据えた利用者中心のケアのあり方を追
求し、広い視野から看護実践の改革を積極的に推進できる創造的・先駆的指導者層を育成している。
 このため、教員の採用にあたっては、教育理念に基づき看護専門職を育成するとともに、看護実
践にかかる研究を推進できる教員の確保と、学部の運営と併せて、大学院の円滑な運営ができる教
員体制の確保を目指す。
 また、適正な配置ができるよう、年齢、職位、専門分野に留意しながら計画的な採用に努めると
ともに、教員の昇任については、客観的な昇任基準に基づき厳格な運用を図るものとする。

PAGE TOP